発泡ウレタン吹付けからロックウール吹付けまで、耐火断熱工事をトータルで行うNENGO

信頼の品質・安心の対応を心掛け、業界のリーディングカンパニーを目指すNENGO

2010年7月

木造断熱工事 UP!

こんばんは。耐火・断熱事業部の舩木です。

 

今日は久しぶりに30度を下回り、暑さも少しお休みでしたね。

明後日から暑い日がまた続くようなので、皆さん熱中症にはくれぐれも

気をつけてお過ごしください。。

 

さて、ブログで木造断熱について書かせていただいておりますが、

HPに100倍発泡セルローズファイバーのページが新しく仲間入りしました!!

 

施工の流れと共に写真も載っているので、いったいどんな物で、

どのように施工しているかが分かりますので、是非覗いてみてください!!

 

ちょっとした些細な疑問などでも、どしどしお問い合わせ下さい!

お待ちしております!!

 

2010.07.29 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:ご紹介

スタッフブログ

木造住宅と断熱のお熱い関係

皆様、こんばんは。 耐火断熱事業部の牧野です。

 

暑い日が続いています。皆様体調管理どうしていますか?

 

私は全力で仕事をして、おいしくビールを頂き、ぐっすり眠ることが一番の体調管理かと思い、実践しています。(あとはブレイク待ちです。本当ですよ社長!!)

 

さて、タイトルの「木造住宅と断熱のお熱い関係」ですが、私どもオリエンタル産業 ㈱では、木造住宅用の100倍発泡の施工をさせていただいています。

(詳しくはhttp://www.nengo-roots.jp/100.html参照のこと。)これが、商品の性質上、ヤッケというビニール合羽のようなものを着て、50度を超えるような室内で施工するものですから。それは、それはまさに地獄絵図。これもひとえに「お客様が夏を快適に笑顔で過ごすため。」と思い、日々仕事に精進している次第です。

 

もし、ダイエット希望で、ガテン系のお仕事にご興味がある、見目麗しい女性の方、いらっしゃいましたらご一報を、いつでもワークショップを開催いたします!!(すみません。これはウソです。)

 

ただ、本当に、この100倍発泡を施した家、快適ですよ!ぜひ、実感されたい方、お声かけ下さい。

 

それでは、本日はこの辺で。

 

オリエンタル産業 ㈱ 牧野でした。

 

2010.07.28 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

木造 断熱

皆さま!

こんばんは!

 

火曜日ブログ担当の藤井です!

 

猛暑が続き、暑いですねー。

駅に向かって歩いているだけでも、汗をかいてしまうので

現場での作業をされている方等はご安全に気をつけて下さい!

 

そういえば、本日改めて知ったのですが、熱中症予防の為には

こまめな水分補給(水・塩分)だけではなく、野菜ジュースを

飲んでおくと効果的らしいですよ!

 

人間は、日々、様々な情報を得て、環境に適応する能力が備わっていますが

物は適応することができません。

 

建物も同じで、予め想定している範囲でしか順応できないですもの。。

 

その為にも、計画当初から、良いものを使うことをオススメいたします!!

 

その中でも、当社一押しが、セルローズファイバーと100倍発泡です!

高気密で高断熱な家になることを保証致しますので是非お問い合わせ下さい!!

 

 

2010.07.27 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:ご紹介

スタッフブログ

木造断熱と熱中症

みなさん。こんばんは。

耐火断熱事業部 小澤でございます。

猛暑日が続いていますが、みなさん、熱中症対策はご存知ですか?

熱中症対策 5箇条

二日酔いしない。

寝不足しない。

朝ごはんを食べる。

運動前に、500mlのスポーツドリンクを飲む。

運動中は1時間に1度程度の頻度で、スポーツドリンクを飲む。

熱中症は命に関わる大変身近な症状です。

だるさ、めまいなどの自覚症状が出た場合は、速やかに涼しい場所で休息して下さい。

無理は禁物ですよ!

 

木造断熱<100倍発泡ウレタン><セルローズファイバー>は、

冷房の冷気もしっかり室内に保つすぐれものです。

これから新築もしくはリフォームをご予定の方は

高断熱住宅をご検討下さい。

 

 

木造断熱におけるメリット・デメリット等に関するご質問はお気軽にご相談下さい。

オリエンタル産業㈱耐火断熱事業部 

HP http://www.nengo-roots.jp/

お問合わせ http://www.nengo-roots.jp/inquiry/index.php

TEL:044-829−3323 FAX:044-829−3329

2010.07.23 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

高断熱ホテルに・・・

こんばんは。オリエンタル産業㈱ 耐火・断熱事業部の牧野です。

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、先日の3連休ですが、日がな、ぐだぐだ過ごすのもどうかと思い立ち、

横浜中華街に家族4人で遊びに行ってきました。

 

そこで発見してしまいました。

 

DVC00005.jpg

 

なんとも、味わいのあるホテルではないですか!!

一度、泊まりでゆっくり中華街を堪能するのもいいかもしれません。

 

そして、もし高断熱ホテル?に改装予定がございましたら、ぜひ私どもにお声かけ下さい!!

 

それでは、また来週。

 

P,S 断熱全般を扱っておりますオリエンタル産業㈱HPはこちら・・・http://www.oriental-japan.com/

 

 

 

2010.07.21 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

木造 断熱

こんばんは!

耐火・断熱事業部の藤井です!

 

いやぁ〜〜アツイですねッ!

皆さまは3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

ボクは、高校生の弟の甲子園埼玉県予選を観に行ってきました!

あの猛暑の中、頑張っている弟やチームのみんなはいつもに増してかっこよく見えました!

チームも勝ち、良い試合をしていました!

ただ観戦している僕は暑かったという印象がとても強く残っていますが、

よくこの猛暑の中で、2時間〜3時間という試合をやっていられるなーっと考えていると、

合っているかはわかりませんが、あることに気がつきました。。

野球なので、もちろん帽子をかぶっています。

毎試合観戦する応援スタンドの保護者も、チアガールの子達も、帽子をかぶっています。

僕も試しに帽子をかぶってみると、その方が直射日光に当たらないせいか、

かぶらないより暑くならないのです!!

先人の知恵というのか、ちゃんと意味があるもんなんだなーっと気付かされました。

さて、本題です!

無理やりに聞こえたらすみません。。。。

つまり、住宅も同じですよね!!

ここも続きの話なのですが、昨日、今住んでいるアパートに帰ったら、

部屋が暑くて暑くてクーラーをガンガン入れたのですが、、、

ボクの住む家は、帽子の役割を担うものがあまりヨロシクないのです。。。。

今は、一人暮らしというのもあり、築何十年もする木造アパートに住んでいるのですが

改めて思うのが、将来、家を買うならば、良い断熱を使うことは、快適な生活をする為に

欠かせないものだな!っと改めて思いました!

 

最後になりますが、

当社おススメの、100倍&セルローズを是非ご検討下さい!!

 

 

2010.07.20 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:スポーツ

スタッフブログ

高断熱住宅

こんにちは。耐火断熱事業部 小澤でございます。

 

高断熱住宅とは、

①家全体に断熱工事を施し、

②きわめて高い断熱性を備え、

③装置に頼らずにできるだけ適度な室温を保つようにした

住宅のこと。

高気密住宅とセットで、高気密・高断熱住宅といわれることが多いです。

断熱性を高め、冷房や暖房の効率を追求して省エネルギー化をおしすすめるためには、

すき間を減らして熱損失をできるだけ少なくする必要があります。

よって、高気密化は必要不可欠のテーマで、

①開口部に気密性の高いサッシなを使用したり、

②パネルとパネルの張り合わせ部分のすき間をなくす工夫をして、

気密性と断熱性の高い魔法瓶のような住宅にします。

エネルギーロスが少なく、省エネルギー性能が高いことで、

環境への負荷も少ない理想的な住宅。

社会的、経済的、将来的にも現在もっとも注目すべく住宅の機能です。

そこで私達、オリエンタル産業㈱耐火断熱事業部の出番です。

当社では木造住宅の「高断熱機能」に貢献すべく積極的な工事営業を展開しております。

 

木造断熱におけるメリット・デメリット等に関するご質問はお気軽にご相談下さい。

オリエンタル産業㈱耐火断熱事業部 

HP http://www.nengo-roots.jp/

お問合わせ http://www.nengo-roots.jp/inquiry/index.php

TEL:044-829−3323 FAX:044-829−3329


 

2010.07.16 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

高断熱とは?

こんばんは。耐火・断熱事業部の舩木です。

 

高断熱について皆が書いておりますが、高断熱って?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそも従来の日本の住宅は、 「夏は暑くて当たり前、冬は寒くて当たり前、結露が発生し、カビが生えるのは仕方ないというように考えられてきたと思います。

私もそのうちの1人でした。夏は冷房入れてもなかなか涼しくならないし、冬の洗面所やお風呂場は寒くて嫌になっていました。皆さんも経験があるのではないでしょうか?

 

そんな悩みを解決するのが、高断熱なのです!

高断熱家はもともと北欧や北米では古くから、省エネ技術として盛んにおこなわれてきた工法です。
厳寒の中、家中の温度差をなくし、かつ室内の熱が外の寒さに奪われないようにしたのです。

断熱、気密を高めることで、熱や空気の出入りを必要最小限に抑え、わずかなエネルギーで家中どこでも快適な温度に保ちます。
家中に温度差がなければ、結露の発生も少なく、家を長持ちさせ、また、住む人にやさしい健康的な生活が実現できるのです。

 

なんともお財布にも環境にもやさしくなり、快適な生活が出来るという一石三鳥なんです!

高断熱家にすれば、例えばエアコン1台で家全体を一つの空間として暖めることもできるようになります。すると1階をワンルームにしたり、1-2階吹き抜けの大空間を創ったり、間取りを自由に設計することができるわけです。
これによりバリエーションが増え、理想のお家が作れること間違い無しですね!

 

ご興味ある方は、どしどしご連絡下さい!

出来る限り御協力させていただきますので、お待ちしております!!

2010.07.15 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

高断熱ライフのススメ

皆さん、こんばんは。オリエンタル産業株式会社 耐火★断熱事業部の牧野です。

最近、社内の別ブログで、私を大々的に宣伝していただいたため、大人気な感じです。

 

でも、本当は、草葉の陰に隠れひっそりたたずんでいる方が、性に合っているんですけど・・・

 

閑話休題

 

ここの所、当ブログで断熱におけるさまざまをご紹介させていただいていますが、そのライフスタイルに焦点をあて、発信したブログ記事が無かったと思いますので、ちょっと寄り道ブログな発想で書いてみようと思いたち、実行してみました。あくまで私目線な提案です。主に100倍発泡を使ったつもりで書いています。

 

高断熱ライフ オススメポイント ① 文化的効用

 

断熱というのは、家が出来上がってしまうと、見えないところに隠れてしまうものです。そこにあえてお金をかけることで、住宅の「粋」にこだわってみたいものです。

六星占術で有名な細木数子さんは指輪の裏側にダイヤをあしらったものを、好んでつけてらっしゃるということを聞いたことがあるのですが、自慢する為でなくいいものを裏方に惜しげなく盛り込むそんな心意気がある家って面白いと思います。

 

高断熱ライフ オススメポイント ② 役者的効用

 

100倍発泡の断熱材は、フロンを用いない断熱材として、PRされています。しかしながら、まだまだ社会的認知度や普及状況はいまひとつな状況です。

 

そこで、あえてこの時期にネタとして、100倍発泡の断熱材を使うことで、地球の環境を十分に配慮している、いわゆる「いい人キャラ」を演じ切ってしまうのは、いかがでしょう?期間限定オンリーワンキャラができあがります。しかも、環境負荷という側面では誰にも迷惑がかからないというのもオイシイところです。その上、長期優良住宅をからめたりすれば、フラット35S等の金利優遇まで受けられるというおまけ?が付いてきます。(ただ「この人ウザイ・・・」と周りに思われない程度の環境配慮は必要ですね)

 

高断熱ライフ オススメポイント ③ 経済的効用

 

基本的に、休日は家でぐうたら過ごすのが好きな方に朗報。高断熱ライフは当然、光熱費にもやさしいエコロジーライフを約束します。夏は涼しく、冬は暖かいです。夏休みのお昼寝日和のときに「暑いから涼しい軽井沢にお出かけしよう」とか、正月休みの寒さ降りしきる中、コタツでまどろんでいる時に「常夏のハワイにバカンス行きたいわ!」なんて家族の声を完全に黙殺することが出来ます。その上、無駄な出費も抑えることができ,一石二鳥ですね。

 

ああ、なんて素敵!高断熱ライフ。

 

世の中、視点を変えてみるといろいろな意見があるものですね。

 

耐火・断熱事業部 牧野でした。

 

 P.S  冒頭の別ブログはこちらからhttp://www.oriental-president.cocolog-nifty.com/hitorigoto/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010.07.14 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

高断熱〜パート2〜

皆さまこんばんは!

耐火・断熱事業部の藤井です!

 

今回も引き続き【高断熱】についてです!

 

断熱材にも様々な種類があり、多種多様なのですが、

その断熱材を使用するにあたっての工法をご紹介させて頂きます。

①充填断熱

②外張断熱

っと大きく分けると2つの工法があります。

■使用する断熱材

①は、繊維系の断熱材、現場発泡断熱材、板状プラスチック系断熱材。

②は、ボード状のプラスチック系断熱材を主に使用します。

当社のお手伝いでする施工は、①です!

■メリット

①断熱面積が小さい、材料費が安い、加工しやすい 等。

②気密化が容易、熱橋の影響が少ない等。

■デメリット

①品質管理が難しい、等。

②材料費が高い、時間がかかる等。

 

ほんの一例ですが、断熱工法の特徴と、比較をさせて頂きました。

どちらが良い、どちらが悪いという判断は難しいのですが、

今後の住宅は、お客様が断熱材の種類や工法を選ぶ時代がやってくるのではないかと思われます。

その際には、是非とも当社へお声掛け下さい!!

お待ちしております!!

 

2010.07.13 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:ご紹介

スタッフブログ