発泡ウレタン吹付けからロックウール吹付けまで、耐火断熱工事をトータルで行うNENGO

信頼の品質・安心の対応を心掛け、業界のリーディングカンパニーを目指すNENGO

2011年5月

耐火被覆落下

皆さまこんばんは!

火曜日ブログ担当のFです。

 

まだまだ余震が続きますね。。。

地震の影響により、工場等の耐火被覆補修工事の

引き合いが増えております。

 

埼玉・栃木・千葉等工場を多く抱えている地域からの依頼で

県をまたいで飛びまわっています。

 

昨日は、埼玉の熊谷の工場に行き、、、、

本日は千葉の九十九里に行きました。。

 

補修工事もマチマチなのですが、

一番使えるのが、100Vの補修用機械です!

吹付け機械 .pdf

その他にも、まだまだあるので

まずはお気軽にお電話を!

※※※※※※※※※※※※※※※※

■社長ブログ 「的場メモ」

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ)

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)

※※※※※※※※※※※※※※※※

2011.05.31 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

断熱の欠損

耐火断熱事業部の鈴木です。

DSCN1722.jpg

今回は断熱の欠損についてです。

この写真は発泡ウレタンを壁に吹いた物で、木の銅縁の所に断熱の欠損が出来ています。

発泡ウレタンは、読んで字のごとく「発泡」する材料のため一般的には隙間が出来づらい

商品です。

ですが、現場の状況等でどうしても隙間が出来てしまうことがあります。

ご安心下さい、弊社では万が一その様に成った場合でも、キッチリと補修いたします。

補修方法は、機械による吹き直し、或いは補修材で対象箇所のみを是正が主に成ります。

 

本来は是正後の写真の添付する所ですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。

しっかり補修したので、ご安心を。

2011.05.30 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

建材不足 断熱材

おはようございます。耐火断熱事業 小沢 でございます。
近頃、断熱材不足、特にグラスウール不足については徐々にではありますが、
解消に向かっているようです。

住宅エコポイントも、予想以上に需要が上回っている為、
5ヶ月も早い終了見込みが発表されました。

つまりは、お施主様の住宅に対する機能意識が向上しているともいえます。
建物の寿命や、快適性を求めるお施主様に対し、
予算も含めて、ニーズに応えることができる現代の建築技術はすばらいですね。

断熱工事や、耐震補強工事は躯体工事です。
つまり、基本的には新築時に施すことが、機能面・予算面でもっとも効果的です!

皆さん、「超寿命・省エネ」住宅を手に入れましょう!!!
DSCN1578.jpg












当社取り扱い商品の状況につきましては、

耐火断熱事業部のHP内右上部 お問い合わせまで。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

■社長ブログ 「的場メモ」

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ)

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

 OZW



Twitter「つぶやく」ボタン

2011.05.27 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

耐火断熱事業部より、安全週間について

こんにちは。事業管理部のタカセです。

 

今週はぐずついたお天気で洗濯に気を使いますが、

涼しくて過ごしやすいですね。

 

さて、来月は全国安全週間の準備期間に入ります。

当社でも安全大会開催に向け、ただ今実行委員が準備を

進めております。

個別で少しwebで調べてみますと、この安全週間の歴史が分かり、

昭和3年から行われていたものなんですね。

こんな昔からだとは思っておらず驚きと、それがまだ続いているという事は

産業界での事故や怪我がまだまだ多いのだな...と。。。

 

私事で大変恐縮なのですが、親友を現場の事故で亡くした事もあって

改めてそこで働く方、その安全こそがとても大切で、その環境を関わる

全てのみなさんで作って行きたいです。

 

われらが耐火断熱事業部では、建設現場での安全を優先で考え

無事故無災害をモットーに安全パトロールを実施しております。

 

そのレポートも是非お読み頂けると嬉しいです。

 

 

Twitter「つぶやく」ボタン

2011.05.26 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

クールビズ・扇風機による火災の注意喚起について

皆さんこんにちは。

オリエンタル産業㈱ 牧野です。

 

最近の節電・クールビズの折、扇風機が売れているようです。

 

そんな中、yahooのトピックスでも、古い扇風機の注意喚起がUPされていました。

 

以下引用

 

『電力事情の悪化を受けて、「消費電力がエアコンの半分になる」と政府が使用を勧めている扇風機について、経済産業省所管の独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE)は火災事故への注意を呼び掛けている。

 老朽化した製品はモーターなどの部品が劣化し、異常な発熱や火災を起こしやすいためで、2009年度までの5年間に157件の事故が発生しているという。

 この夏は、押し入れにしまい込んでいた古い扇風機を引っ張り出して使う家庭も多くなりそうだが、同機構は「スイッチを入れてもすぐ動かなかったり、焦げ臭かったりしたら使用しないで」と注意を呼び掛けている。

 同機構によると、157件の発火や火災では、2人が死亡、7人が重軽傷を負っている。事故のうち74件が老朽化した扇風機によるもので、ほとんどが30年以上使われたものだった。これとは別に、猛暑だった10年度も35件の事故が発生。このうち古い扇風機による事故は、原因調査中のものを含め約20件に上っている。

 

私の家も、夏場はうんざりするほど暑くなるので、エアコンと扇風機の併用は必須なので、他人ごとではありません。そして、意外に重大事故になっています。

 

ところで、火災といえば、私たちの取り扱う硬質発泡ウレタンの吹付工事

http://www.nengo-roots.jp/100.html

 

なども、火気厳禁となっており、既に皆様ご存知かとは思うのですが、打ち合わせの度、

必ずご確認させていただいております。

 

特にRC造、S造の工事においては、軽量下地のスタットを切ったり、窓枠を溶接したりと

ウレタンと絡む火気作業が多くあります。

 

そのため現場で吹付作業後に「火気厳禁」と必ずペンキでマーカーを入れています。

http://www.nengo-roots.jp/ins1.htmlにもその様子がございますので、

あわせてご確認いただければと思います。

 

発泡ウレタンでの火災事故では先のように「意外に重大事故になっている」

なんて悠長なことではなく、間違いなく大災害に繋がります。

 

いよいよ来月から安全週間の準備期間になります。

小さなことから、現場での事故を未然に防ぎたいと思います。

 

それでは、また。

 

 

 

 

2011.05.25 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

ロックウールの落下

耐火断熱事業部の鈴木です。

今回も早速ですが、写真をご覧下さい。

DSCN1712.jpg

PS内を下から取った写真です。

震災の影響で吹付けロックウールが剥がれ落ちたものです。

当然このままでは、鉄骨に対し耐火被覆が成立していないので補修工事が必要に成ります。

皆さんの所でも震災の影響などで写真の様に成っている所は有りませんか?

この様に成った場合は補修が必要です。

一般的な補修方法としては、

 ・新築現場で吹いている200Vの比較的大きな機械で対応。

 ・補修用の100Vの機械で対応。

 ・手塗りの補修材で対応。

 ・ゴッソリ丸ごと既存の耐火被覆材を剥がして、新たに被覆(工法は色々有ります)する。

など、有りますが夫々一長一短です。

品質、値段、仕上がり具合、施工性、周辺の環境、施工場所、補修作業時間、等 上げれば

切がないですが、何かしら希望が有るかと思います。

私共は、条件や希望をお聞きし最適な方法をご提案いたします。

 

耐火被覆工事、断熱工事でお困りの方はお問合せ下さい。

2011.05.23 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

耐火・断熱事業部 クールビズ実施のお知らせ

こんにちは。耐火・断熱事業部 小沢 でございます。

春も終わり、梅雨の季節が近づいてきました。
20度を少々こえる日、夕方以降はとてもすごしやすい季節です。

好天気のおかげで、我家のゴーヤもスクスク育っています。
グリーンカーテンと呼ばれているそうですよ。
「壁上緑化(へきじょうりょっか)」より、だんぜんキャッチーですよね。
耳のシャッター、開きますよね。よいネーミングは。

弊社は今年度も、環境省が進めている地球温暖化防止のための
国民運動「チャレンジ25キャンペーン」に参加し、
クールビズを実施いたします。

■実施開始日:5月23日(月)〜
※通常6月1日から開始ですが、今年度は東日本大震災を受けた節電の必要性を
踏まえ、通年より前倒しで実施いたします。

期間中は社員一同、社内・社外ともにノーネクタイ・ノー上着などの軽装で
勤務させていただきますので、ご理解の程よろしくお願い致します。
今年のクールビズの詳細は、下記「チャレンジ25キャンペーン」のHPをご参照ください。
http://www.challenge25.go.jp/practice/coolbiz/coolbiz2011/

ちなみに、クールビズは服装だけではありません。

・朝方にシフト

・打ち水をする

・日よけ、すだれを活用する


・そして・・・・「断熱材」を利用する!!!

IMG_0432.JPG













当社取り扱い商品の状況につきましては、

耐火断熱事業部のHP内右上部 お問い合わせまで。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

■社長ブログ 「的場メモ」

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ)

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

 OZW

Twitter「つぶやく」ボタン

2011.05.20 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

耐火断熱事業部より、クールビズ実施のお知らせ

こんにちは。事業管理部のタカセです。

朝は涼しいのですが、日中は暑くなりましたね。

お客様にお出しするお茶は冷たいものになりましたし、

当社ではおしぼりをお出ししていますが、こちらも

冷やしたものをお使い頂いています。

 

さて、本日の耐火断熱事業部からは、クールビズ実施のお知らせです。

以下、案内分は当社HPのトピックスからまる写しで、ゴメンナサイ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

弊社は今年度も、環境省が進めている地球温暖化防止のための
国民運動「チャレンジ25キャンペーン」に参加し、
クールビズを実施いたします。

■実施開始日:5月23日(月)〜
通常は6月1日から開始ですが、今年度は東日本大震災を受けた
節電の必要性を踏まえ、通年より前倒しで実施いたします。

期間中は社員一同、社内・社外ともにノーネクタイ・ノー上着などの
軽装で勤務させていただきますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

今年のクールビズの詳細は、下記「チャレンジ25キャンペーン」のHPをご参照ください。
http://www.challenge25.go.jp/practice/coolbiz/coolbiz2011/ 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私どもの取扱い工事(断熱工事、耐火被覆工事)についての

お問い合わせには、涼やかに、爽やかにご回答させて頂きます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

耐火断熱事業部のスタッフ一同、お待ちしております!

 

 

 

Twitter「つぶやく」ボタン

2011.05.19 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

4月の月間オリエンタル☆

皆さまこんばんは!

今日はどしゃぶりの雨が降りましたね。。。

 

現場の漏水が気になってしまった今日この頃です。

 

さて、社長のブログにも紹介して頂きましたが

4月度の月間オリエンタル賞を受賞しました!

2011_04_oriental_award.jpg

今回の受賞者は、

建築工事部    →熊谷氏

おんぼろ不動産 →大山氏

耐火・断熱事業部→藤井

事業管理部   →高瀬氏・小倉

の計4名です!

 

久しぶりの受賞だったこともあり非常に嬉しいです!

 

今後も受賞できるように努力していきます!

その為にも、グラスウール不足でお困りの方!

ウレタンを吹付けしたいと御検討の方がいらっしゃいましたら!

私にご連絡下さい!必ず良い対応と施工をさせて頂きます!

 

宜しくお願い申し上げます!

 

2011.05.17 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

20年以上前のウレタンです

今晩は、耐火断熱事業部の鈴木です。

早速ですが、写真をご覧下さい。

DSCN1729.jpg

分かりづらくて申し訳御座いませんが、天井にウレタンが吹いてあります。

このウレタンは20年以上前に吹いた物(弊社吹付けではありませんが)らしいです。

正直、厚み管理はいい加減だし、障害物の有った裏には断熱の欠損が有ったりと

20年前の様子が何となく一瞬で分かるような現場でした。

今回見て頂きたいのは、使用用途が共同浴室色だったにも関わらず20年以上経っても

剥がれる事無く、縮む事無く、膨れる事無く、カビもないと言うことは確認が出来ました。

恐らくグラスウールだったら湿気で大変の状態に成っていたと思います。

 

ウレタン吹付けは、殆どがボード等に隠れてしまう工事です。弊社ではそこに甘んじる

ことなく、しっかりとした施工(品質)でお渡ししますので宜しくお願いします。

 

2011.05.16 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ