発泡ウレタン吹付けからロックウール吹付けまで、耐火断熱工事をトータルで行うNENGO

信頼の品質・安心の対応を心掛け、業界のリーディングカンパニーを目指すNENGO

2012年4月

発泡ウレタン 難燃性について。

こんばんは。耐火・断熱事業 小沢でございます。
今夜は、難燃性についてご説明します。

難燃性硬質ウレタンフォームとはどのようなものですか?

難燃性硬質ウレタンフォームといわれるものは、その用途に応じた燃焼試験を行い、難燃性と判定されたフォームであることを意味しております。例えば、建築用断熱材としては準不燃材料、難燃材料の認定を受けた製品などがあり、難燃処理をしていない硬質ウレタンフォームと比べて火炎の伝播や発煙量を少なくする処理が施されております。
硬質ウレタンフォームの難燃性はJIS A 9511、9526、1321などで規定された試験によって評価されますが、これらの試験は一定の条件下での材料の燃焼性の比較を目的としたものであり、必ずしも実際の火災時の危険性を反映したものではありません。
従って、これらの試験に合格したもの、あるいは準不燃・難燃材料の認定をうけている材料であっても火気に接すると燃焼しますので、他の一般的なプラスチック材料と同様に取扱いにおいては火気に対する注意は怠らないようにして下さい。

=================================================================

皆さん、ご存知の通り発泡ウレタンは 「燃えます」!

ウレタン露出部分での火気使用は絶対に禁物です。

大手GCにおいても、新築工事中にウレタンへの着火が原因で火災事故発生例が

多く存在します。

IMGP3410.JPG












2012.04.27 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

仕事と幸福について。


こんばんは!
木曜日ブログ担当の平松です。

今日は朝からどんよりとした天気でしたね。
週末に向けて天気は下り坂のようですし
GWは良い天気で迎えたいですね!!

さて、本日は昨日の牧野に引き続き本のお話です。
私のおススメは、スイスの思想家 カール・ヒルティの著書【幸福論】という本です。

この本はプロテスタントの立場から、人生の諸問題について
真摯な態度で説いている本で
この本から、勤勉な労働観、良い習慣、怠惰の克服ということなどを
学ぶことができます。

その本の中から、印象に残った一文を引用させ頂きます。

【働きのよろこびは、自分でよく考え、実際に経験することからしか生まれない。それは教訓からも、 また、残念ながら、毎日証明されるように、実例からも、決して生まれはしない。】

この一文は、仕事の喜びは他の何でもなく自分で発見しなければならない。という意味です。

私が4月にオリエンタル産業に入社してから、一か月が過ぎようとしています。
働くことの意味と喜びを見つけ、さらに毎日を充実したものにしていきたいです!


平松

2012.04.26 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:ご紹介

スタッフブログ

「仕事は楽しいかね?」と聞かれたらどう答えますか?

おはようございます。
オリエンタル産業株式会社 牧野です。

今週は週末に向けて天気下り坂のようです。
せっかくのいい季節、雨天も含め堪能したいものです。

ただ、工事屋としては、悩みがつきません。

さて、今回のタイトル、デイル・ドーテンという著者の書いた本の
タイトルです。

思うところがあり、本屋立ち寄り帯につられ
購入してしまいました。

4.26.JPG


















正直、この本を読んで、「今日から生き直そう・・・」
と素直に思えた本です。

意外に困ったときほど、いろいろな意味でいい出会いがあるものです。

それでは、また。


オリエンタル産業株式会社 牧野






2012.04.26 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

東京都ラグビークラブ選手権☆

皆様!

こんばんは!

火曜日のブログ担当のFです。

 

今日は特に暖かい1日となりましたね!

本日は、新人・平松の初受注した現場の乗り込みをしに

大森へ行き、発泡ウレタンの養生〜施工までを体験させてきました。

 

ひとつ、ひとつが初めての作業であり、様々な疑問を言葉にする姿を見て

4年前の自分を思い出す、今日この頃であります。

 

話は大いに変わりますが、とうとう2年越しのラグビーのクラブ選手権がスタートしました!

今年から、アシスタントレフリーの条件が厳しくなったり、運営状況にも多々面倒なことが

増えてしまったりと問題は山積ですが、

一昨日の日曜に、サンケイ三郷Gにて、一発目の試合を行い、

26-46と惨敗してしまいました。

主な原因は、練習不足にも関わらず、気持も超怠慢していたことです。

 

結果として、トーゼンの事態ですが、やはり負けると悔しいですね。

 

個人としては、まぁまぁ練習しているので、悔しさをチームで共有し続けて

残り2戦の中身を濃くできるようにしていきたいです。

 

 

社長ブログ 「nengo」

断熱チャンブログ

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ) 

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)



Twitter「つぶやく」ボタン

 

2012.04.24 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

安全大会

耐火断熱事業部の鈴木です。

ここ最近、色々な所から安全大会のお知らせが届くようになりました。

全国安全週間(7月)に向けて、世の中の安全の意識が益々高くなってきているようです。

 

弊社でも6月29日に安全大会を行ないます。

特に工事を抱えている部門では、これから内容についての詰めの作業があります。

耐火断熱事業部でも、ロックウール吹付け、ケイカル板貼付け、発泡ウレタン吹付け、の職人さんに毎回参加してもらっています。

今年も意味有る会にし、安全第一で作業に取り組みます。

詳細は別途ご報告いたします。

 

  anzentaikai.jpg

 

写真は私です。

今回話をする事があれば、顔を上げて話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

社長ブログ 「nengo」

断熱チャンブログ

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ) 

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)


2012.04.23 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

耐火・断熱事業部 新人です。

おはようございます。耐火・断熱事業 小沢 でございます。
遅ればせながら、新人をご紹介させていただきます。

今年、当社には3名の新人が入社しました。内、2名は女性です。
唯一男性である「平松利啓」が我らが耐火・断熱事業部に入りました。

ビジュアル通り、年齢は22歳です。。。
どこからみても、新卒です。。。



よろしくお願いいたします。

4月20日時点で、2社!の新規顧客を開拓〜受注した、
「持ち主」です。



2012.04.20 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

『オープンルーム開催!

こんばんは。
木曜ブログ担当の平松です!

今回は
『オープンルーム開催のお知らせ』 のご案内です! 
まずはここで綱島の予習を!
http://tsunashima.me/history 

このサイトを見たら、きっと下の情報が気になると思います!!




「鶴見川沿いの賃貸マンションを"綱島らしく"リノベーション!」

昔、東京の奥座敷として栄えた綱島。
そんな歴史のある綱島に佇む賃貸マンションの一室を綱島らしく
フルリノベーションしました。

心と体が休まる空間を実現しております。
穏やかな間取りを取り入れることで、住まう人は型にはまらない
自由な生活をいただけます!

是非、足をお運びいただけますようお願い致します!


日 時 : 2012.4.22(日) 10:00〜15:00
場 所 : 横浜市港北区綱島東
最寄駅 : 東急東横線「綱島」 駅徒歩5分
       参加費 : 無料
設計  :株式会社 ブルースタジオ
参加方法: *完全事前お申し込み制となります。
お問い合わせ先:オリエンタル産業株式会社
           建築工事部 担当 富島
MAIL:yoshinori-tomijima@oriental-japan.com

TEL: 044-829-3383

興味のある方は是非お越しください!

2012.04.19 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:ご紹介

スタッフブログ

CAFE246さんに行ってきました。

みなさんこんばんは。
オリエンタル産業株式会社 牧野です。

眠気を誘う、うららかな一日でしたが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、本日当社代表の的場が
「CAFE246さんが素晴らしい!!」
と朝から絶賛していたので、ちょっとのぞいてまいりました。

普段着の的場をちょっと分析しますと、

「ミーハーな少年のような心と
権威に弱い舌をもつ男。」
と私は勝手に思っています。

あっ!奥様すみません・・・

まあ、それはともかく、実際
行ってみたのですが。

なるほど!スタッフさんの笑顔と心遣いは素晴らしかったです。
お客様が何をしている方(仕事・食事・飲み・読書)なのかによって
さりげなく所作や気配りを変えているように見受けました。

実に勉強になりました。


そして内装も私には好感触です。
織部のような風合いのタイルとオレンジのランプシェードが
実にいい味を出しており、全体的に柔らかく温かみのある雰囲気です。

私も、すっかりファンになってしまいました。

ぜひ、ご興味湧いた方、自分の目で確かめてみてください。

それでは、また。


オリエンタル産業 ㈱ 牧野

2012.04.18 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

健康診断

耐火断熱事業部の鈴木です。

本日は健康診断に行って来ました。

5名で1台の車で行ってきたのですが、私だけ検査項目が多く一緒に行った人たちを待たせてしまいました。

年齢と共に検査項目が増えるため、来年は年齢層を揃えて行った方が効率が良さそうです。

検査の結果は後日分かるとは思いますが、多分どこも問題ないと思います。

だた、少し気になった点は、視力が年々落ちていることです。

そろそろ眼鏡が必要になりそうです(老眼も?)。

 

以前にもブログで書かさせて頂きましたが、もし建物の健康診断があった場合、私どもの工事に関しては「健康!」と言う評価を頂けるよう努めたいと思っております。

 

hinsitu.jpg

 

 

 

 

発泡ウレタン吹付け現場での

社内の安全と品質検査風景

 

 

 

 


 
社長ブログ 「nengo」

断熱チャンブログ

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ) 

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)



Twitter「つぶやく」ボタン

 

2012.04.16 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

発泡ウレタンの歴史。

こんにちは。耐火断熱事業部 小沢 でございます。
今日は、発泡ウレタンの歴史について、ご紹介します。


■1940年台にアメリカGoodyear社等で硬質フォームの製造開始
■日本では1950年代より、企業化開始
■東洋ゴム工業がソフランR販売したのは 1961年
■発泡形成法としては全原料を一度に混合させるワンショット法、
 イソシアネートを除いた原料だけをすべて混ぜ合わせたものに
 イソシアネートを加えるプレミクス法があり、現場発泡は後者。

■日本の産業界での普及はおよそ20年前、当時主流だった
 スタイロフォームの質が悪く、剥落や角の欠損などが多くみられ、
 大手五社(鹿島・清水・大成・大林・竹中)とウレタン業界がタッグを
 組んで商品開発に乗り出す。

■軟質ウレタンフォームの代表選手のスポンジ これも発泡ウレタンの仲間ですが、
 フロンガス発泡法を考え出したのは米デュポン社、普及は第二次大戦後のこと。
 デュポン社は繊維・素材にとどまらず、有機・無機のガス、
 核兵器まで扱う会社だったりします。

みなさん、いかがですか?
「建材に歴史あり」ですね。

2012.04.13 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ