発泡ウレタン吹付けからロックウール吹付けまで、耐火断熱工事をトータルで行うNENGO

信頼の品質・安心の対応を心掛け、業界のリーディングカンパニーを目指すNENGO

2012年9月

グラスウールの耐久性


こんにちは。耐火断熱事業部 小沢 でございます。

「グラスウールの耐久性」について。

米国エネルギー省資料で、吹込み用断熱材の材料ごとに把握されている沈下量をみると、
グラスウールは約2 〜4 %といわれています。
沈下すると、その割合と同程度の断熱性能が損なわれてしまいます。
施工時には双方ともに施工厚さの10 %以上の吹き増しが義務付けられています
(硝子繊維協会より抜粋 

このように、グラウスウールは接着性が無い為、
必ずと言っていいほど「沈下」が発生します。

「沈下」壁内結露の原因です。
リフォーム工事などで室内壁を壊すと・・・
カビだらけになったグラスウールが多く見受けられます。

壁内結露は、
建物寿命の短縮、健康被害など多くの害をもたらします。

新築時であれば、
建物予算の約2%UP程度で、高質の断熱材に変更可能です。

目に見えるキッチンや、照明に予算を使いつつ、
目は見えない断熱材にもご予算を!!!

DSCN1574.jpg










2012.09.28 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

木造用100倍発泡ウレタン(A種3)の施工が増えています


皆さんこんばんは。

オリエンタル産業株式会社 牧野です。

 

ここに来て、ぐっと朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

そのせいというわけでは無いと思うのですが、100倍発泡断熱材の施工が

うなぎのぼりに増えています。

 

以下、施工の様子なのですが、木造の壁面に隙間なく吹き込めているのが

お分かりになると思います。


2012.9.27.jpgのサムネール画像

 










一般的に普及しているグラスウールなどでは、施工の仕方によっては、

筋交いの部分や、開口廻りといった所は隙間が出来やすく、

また経年劣化等で、沈下することもございます。

 

是非、寒くなっていくこれからの季節を見込み、改修等お考えの方、

また、そのようなお客様をお持ちの工務店様、是非ご検討いただければと

思います。

 

詳細は当社HP

http://www.nengo-roots.jp/

にも掲載しております。

 

是非ご覧になってみて下さい。

 

それでは、今日はこのへんで。


社長ブログ 「nengo」

断熱チャンブログ

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ) 

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)

東京・神奈川での耐火・断熱工事ならオリエンタル産業

 

 

2012.09.27 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

グラスウールの欠点


こんばんは。オリエンタル産業㈱ 平松 でございます。

グラスウールの欠点、それは、、、

必ず発生する「隙間」です。

■グラスウールとグラスウールの間 → 隙間!

■コンセントBOX廻りなど設備がらみ→ 隙間!

■大工さんの「腕」           →隙間!

■大工さんのグラスウール施工の知識不足 → 隙間!

 

みなさん、グラスウール施工で必ず発生する「隙間」ですが、

最大 46%!!!ものロスが発生すること、ご存知ですか?

つまり、100円で買ったものが、たったの54円分の効果しか発揮しないのです。

ましてや、人為的な原因であればなおさら見直したいですよね。

 

支払った金額分の断熱効率をお求めの方は、

コチラ↓↓↓↓↓↓↓

社長ブログ 「nengo」

断熱チャンブログ

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ) 

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)

東京・神奈川での耐火・断熱工事ならオリエンタル産業

2012.09.24 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

吹付けロックウールの乾式、半乾式、湿式工法はどう違うか?


こんばんは。

耐火断熱事業部 牧野 でございます。

今回は、

お問合せが多い質問について、ご紹介します。

 

「吹付けロックウールの乾式、半乾式、湿式工法はどう違うか?」

 

1.    乾式工法

この工法は工場配合材料を用いる工法で、あらかじめ工場でロックウールとセメントを配合した材料を、吹付け施工機械で圧送し、ノズル先端の周囲から噴霧される清水で包み込み、材料を湿潤させながら均一に下地面に吹付ける工法です。

2. 半乾式工法

この工法はセメントスラリーを用いる現場配合工法で、「半湿式工法」と呼ばれることもありますが、日本建築学会建築工事標準仕様書JASS6「鉄骨工事」では「半乾式工法」と呼んでいます。

清水とセメントをあらかじめ攪拌装置のあるスラリー槽で混合してセメントスラリーを作り、ロックウールと別々に圧送し、ノズル先端部で噴霧化されたセメントスラリーとロックウールを混合しながら均一に下地面に吹付ける工法です。

3. 湿式工法

あらかじめ工場でロックウールとセメントおよび他の材料を配合して製造した吹付け材料に、水を加えて混練し、専用の吹付け機でノズルの先端に圧送して吹付ける工法です。

一般に「乾式工法」は小規模仕上工事等に、「半乾式工法」は一般工法として普及し、大規模工事にも適用されています。

「湿式工法」はエレベーターシャフト内のコアまわりなど風圧等で剥離の恐れのある場所、露出部など人の接触により欠損の恐れがある部位、発じんを嫌う施工場所等で採用されています。

皆さん、いかがでしたか?

場面に応じ、最適な耐火被覆材をお選び下さい。

 

社長ブログ 「nengo」

■断熱チャンブログ

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ) 

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)

 

2012.09.21 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

ケイカルの汚れについて

皆さん

こんにちは。

耐火・断熱事業部の藤井です。


本日は断熱関係ではなく耐火被覆についてです。

弊社で取り扱っている耐火被覆材には、「ロックウール吹付け」「ケイ酸カルシウム板=通称 ケイカル」「マキベエ」「耐火塗料」と様々です。

その中で今日は汚れたケイカルを一発で綺麗にするすごい裏技を!? 申し訳御座いません「言い過ぎました」。

ケイカル板は殆どが表しに使うことが多いかと思います。

貼った時には綺麗な白色ですが、工事が進む内に汚れが付くことが有ります。

裏技と言うほど大げさなことでは有りませんが、そんな時は軍手やタオルで軽く擦ってみて下さい。

チョットした汚れであればそれで充分に落ちることもあります。

試してみる価値は有ると思います。



社長ブログ 「nengo」

断熱チャンブログ

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ) 

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)

東京・神奈川での耐火・断熱工事ならオリエンタル産業

 

2012.09.18 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

ロックウール 〜人体への影響〜

こんにちは。オリエンタル産業㈱ 小沢 でございます。

今回は、「ロックウール 〜人体への影響〜」についてご紹介します。

 

①皮膚接触による影響について

ロックウールが皮膚に接触すると、チクチクとした刺激を受けます。

この作用は一過性のもので、慢性の障害が生じることはありません。

しかし、ロックウールが付着したあとでこすったりすると、

刺激によって皮膚炎になることも考えられるので、付着した場合は

水またはぬるま湯で洗い流す事をおすすめします。

 

②ロックウールの健康影響についての症例

A:じん肺、中皮腫について

 日本、諸外国とも症例はありません。

 

B:肺がんについて

日本ではロックウールが原因と思われる症例はありません。

欧米の疫学調査では、ロックウールによる肺がんに

有意差があったという報告があります。

しかしこの原因は、他の因子(アスベスト、ひ素など)とか、ロックウール製造の

初期の段階で製造技術のレベルが低く、発生粉じんの濃度が極めて

高かった等によるものとされています。

以上のように、ロックウールによる健康への影響は極めて

小さいとされていますが、まだ明確になっていない点もあります。

特に吹付けロックウールの作業場においては、ロックウールとセメントの

粉じんが混在し、その濃度もかなり高い状態になることがあります。

高い粉じん濃度に長期間、繰返し曝露を受けた場合の

健康影響も考えておく必要があります。

 

このため、粉じんマスク着用の徹底や、適切な保護具・保護衣類の

着用によって、ロックウールおよびセメントの粉じんの吸入や

皮膚への接触をできるだけ避けるよう努めて頂くことが必要です。

 

 

社長ブログ 「nengo」

断熱チャンブログ

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ) 

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)

東京・神奈川での耐火・断熱工事ならオリエンタル産業

 

 

 

 

2012.09.13 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

おんぼろ不動産 相談会

皆さん

こんにちは

 

耐火・断熱事業部 平松でございます。

 

本日は弊社の不動産事業部より

セミナーのご案内です。

 

以下内容

 

************************************************************

セミナーという形式ばった中ではなく、

もっと自分の考えが話しやすい雰囲気の中で、

本気で中古マンション購入×リノベーションについて

相談したい。

 そんな声を最近多く聞くようになりました。

 

今回はそんなご要望にお答えして、

組数限定の小規模相談会を開催いたします。

 

場所は弊社から程近い、中古マンションの一室。

上質な素材に囲まれた空間を感じながら、

お茶会のような、コミュニケーションを取りやすい雰囲気の中で

進めて参ります。

空間ディレクターという中古×リノベーションの専門家と共に、

自分だけのオンリーワンな物件の探し方と、

空間創りについて話し合いましょう。

 

私たちはこの相談会を「本気の相談会」と呼んでおります。

なぜかと言うと、この相談会から、本気で自分らしく、

HAPPYに中古ライフを楽しむ方が続出しているからです。

 

今回対象とさせていただく方は、

 

ご夫婦、またはパートナーとの同居を考える方

(お子様がいらっしゃる方でも、もちろんご参加いただけます)

本気で中古マンション購入×リノベーションを考えている方

 

 今回は3組限定で行います。ご希望の方はお早目に。

皆さまにお会いできるのを、楽しみにしております。

 

 【詳細】

日時:922日(土) 10:00

場所:川崎市高津区二子

     田園都市線「二子新地」駅 徒歩4

 

お申込みはこちらから:http://www.onboro.net/seminar.php

 

 ご応募が3組に達した段階で、募集は終了とさせていただきますが、

  複数の方から同時期にご予約を頂戴した場合は、個別にご連絡をさせていただきます。

  

    また、応募者多数の場合は、別日で行うことも検討しますので、

    残念ながら今回は参加出来ない場合や、その他ご要望などがありましたら、

    お知らせくださいませ。

 

 

************************************************************

 

皆さま是非ご参加下さい。

 

社長ブログ 「nengo」

断熱チャンブログ

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ) 

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)

東京・神奈川での耐火・断熱工事ならオリエンタル産業

2012.09.11 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

マキベエの使い方〜震災による耐火被覆破損の復旧〜

皆さんこんにちは
耐火・断熱事業の平松でございます。

マキベエは、
①電源が100Vで施工可能。
②水を使わない。
③他業者と同時施工が可能。
④揺れ等が発生しても破損しない。
⑤加工時に音が出ない。
などのメリットがあります。

現在、ケイカル板の破損、吹付けロックウールの破損における
復旧工事のお問合せが増えています。

上記のメリットを最も活かす場所のひとつに、エレベーターシャフト内の
復旧作業が挙げられます。

皆さんがお使いになっているビルにおいて、
人の出入りが少ない場所の鉄骨を気にしてみて下さい。
破損箇所はありませんか?

法的にも、建物の構造的にも早急な復旧工事をお勧めいたします。

MKB.jpg












2012.09.10 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

発泡ウレタン 難燃性について。

おはようございます。


耐火・断熱事業部 小沢でございます。


本日は、発泡ウレタン吹付け材料の物性である、


【 難燃性 】についてご説明します。

 

難燃性硬質ウレタンフォームとはどのようなものですか?

難燃性硬質ウレタンフォームといわれるものは、その用途に応じた燃焼試験を行い、難燃性と判定されたフォームであることを意味しております。例えば、建築用断熱材としては準不燃材料、難燃材料の認定を受けた製品などがあり、難燃処理をしていない硬質ウレタンフォームと比べて火炎の伝播や発煙量を少なくする処理が施されております。
硬質ウレタンフォームの難燃性はJIS A 951195261321などで規定された試験によって評価されますが、これらの試験は一定の条件下での材料の燃焼性の比較を目的としたものであり、必ずしも実際の火災時の危険性を反映したものではありません。
従って、これらの試験に合格したもの、あるいは準不燃・難燃材料の認定をうけている材料であっても火気に接すると燃焼しますので、他の一般的なプラスチック材料と同様に取扱いにおいては火気に対する注意は怠らないようにして下さい。

=================================================================

皆さん、ご存知の通り発泡ウレタンは 「燃えます」!

ウレタン露出部分での火気使用は絶対に禁物です。

大手GCにおいても、新築工事中にウレタンへの着火が原因で

火災事故発生例が多く存在します。


IMG_0431.JPG













社長ブログ 「nengo」

断熱チャンブログ

■半湿式ロックウール吹付け(太平洋マテリアル㈱)

セルローズファイバー(㈱マツナガ) 

ノンフロン木造用吹付け発泡ウレタン(日清紡ケミカル㈱)

■サーモウール(㈱コスモプロジェクト)

東京・神奈川での耐火・断熱工事ならオリエンタル産業

2012.09.07 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

マキベエと金属サンドイッチパネルの複合耐火

みなさん、こんばんは。
オリエンタル産業 株式会社 牧野です。

朝晩に秋の気配が感じられる今日この頃です。

油断して風邪をひいてしまった人もいるのではないでしょうか?

さて、本日のタイトルですが、
マキベーの施工で、
金属サンドイッチパネルと鉄骨梁・柱の複合耐火を使用します。

いわゆる吹付系の耐火被覆に慣れている人間だと、
この組み合わせだと、認定取れていないのでは?
経験的に判断してしまう人が多いように思われます。

実は、私も恥ずかしながらそうだったのですが、
日鉄住金鋼板株式会社の「耐火エスガード BL-H」
という商品は認定が取れています。

2012.9.6.jpg













こちらは芯材にロックウールを挟みこんだ金属パネルですので
単体で1時間の耐火が取れております。

確かにニチアスさんの2011年 11月 再販のカタログにも
記載があります。

先入観で判断すると大失敗してしまうというすんでの所で
ふみとどまりました。

普段からカタログはしっかり読み込もうと思った
今日の牧野でした。

それでは、また。

追伸 

私たちの仲間、ポーターズペイント事業部の塗料使われた建物が
「渡辺篤史の建もの探訪」で紹介されることになりました。

詳細はこちらからご覧いただけます。
↓ ↓ ↓

是非ご覧になってみてください。






2012.09.06 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ