発泡ウレタン吹付けからロックウール吹付けまで、耐火断熱工事をトータルで行うNENGO

信頼の品質・安心の対応を心掛け、業界のリーディングカンパニーを目指すNENGO

2013年9月

サイクリング




みなさん
こんばんは。

耐火断熱事業部の沼尻です。

セミの声も聞こえなくなり、
涼しくなりましたね。

秋です。

なんだか毎年淋しさを感じさせられます。


涼しかったので、自転車で走り回って来ました。

駒沢→三宿→三軒茶屋→松原→桜新町→用賀と気分の向くままに走ってみました。


世田谷線の風景や立派な門構えの家、三宿で行われてた小さなお祭りなど、電車や車では見ることができないものにたくさん出会いました。


何もないと思って住宅街を走り回ると出会いがあります。

たった3時間程度でしたが、非常に濃密な時間を過ごすことができました。


みなさんも是非自転車で出かけてみて下さい。

知り尽くしていると思っている家の近辺で新たな発見があるかもしれません。














photo (32).jpgphoto (31).jpg




















続きを読む

2013.09.25 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

豆乳と健康と私




みなさん、こんばんは。
耐火・断熱事業部の牧野です。

突然ですが、最近豆乳に凝っています。
しばらく、飲み比べているうちに、
ふと気付きました。

安くておいしいものは、
嬉しいけど、何か怪しい。


2013.9.24.JPG


















今日のはいわゆる、
「昔ながらの町のお豆腐屋さん」
で購入しました。

一息で飲み干す。

大豆の風味と、香りがとても上品で、
すこぶる飲み口が良い。

やみつきになりそうです。
これでお値段120円は安い!!

調べてみると、大豆の33%を占める大豆たんぱくは
動物性たんぱくに比べて低カロリーで、基礎代謝を
活発にするとのことでした。

これからは、すっかりライフワークになりつつある、
合気道の稽古の前にも飲んでおこうと思います。

それでは、今日はこの辺で。














続きを読む

2013.09.24 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

自然を知ることと人工を知ること


皆さん、こんばんは。
耐火・断熱事業部 小沢 です。

昨日は中秋の名月でした。
あまりに眩しさに目を細めるほどでした。

mangetsu.jpg


見れば見るほど、暗い暗い場所へ
行きたい衝動。
その次には、呆れるほど滑稽な街明かりに
気が付きました。

自然に触れ、凝視することは、
同時に人工と比較することだと思います。
比較を深めるには、
自然のメカニズム・人工のサイエンスを
熟知することが何よりも大切です。






私たちNENGOは、
効果が高い人工物を最小限で活用し、
自然の恵みを最大限に感受できる空間作りの
ご提案を進めてまいります。

便利さが増すことに意義はあります。
便利さは人の寿命に大きく関与しているからです。
自然と人工のバランスを図り、ヒトのメンタルバランスの
心地よさに貢献できれば幸いです。


2013.09.20 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

オリンピック決定



みなさん
こんばんは

耐火・断熱事業部 服部です。

先日2020年オリンピック開催が決まりましたね。

オリンピック東京に決まりました、あと7年後っていうと・・いくつになっているのだろうか。

スピーチよかったですね!

「おもてなし」

ちなみに「もてなし」の語源は「モノを持って成し遂げる」という意味です。
別にお客様に応対する扱い、待遇とも言われています。
もう一つの語源は「表裏なし」つまり表裏のない「心」でお客様をお迎えする事です。
2020年には日本はどう変わっているでしょう・・・
お台場にはカジノを作る計画、リニアは2027年なのでさすがに間に合わないかも。

このニュースをきっかけに日本経済もよくなればと思います。
ただ今よりも更に近代化になって古いものが消えていくのも悲しい現実です。

2020年までまだ先ですが、素敵なオリンピックになればいいなと思います。

images.jpg










続きを読む

2013.09.19 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

茅葺屋根




みなさん
こんばんは。

耐火・断熱事業部の沼尻です。

現場で葉山へ行った際に、立派な茅葺屋根の家を見つけました。


茅葺屋根の歴史は長いです。



歴史をさかのぼること縄文時代。

人々は移動民族だったが、定住的になっていきました。
竪穴式住居に住むようになり、その屋根材料が茅でした。


工具である打石器使って茅を刈ったり、木を伐ったりして茅葺屋根を築きました。
茅葺屋根は日本の住まい原点と言えるのです。


茅は、唯一製造段階でCO2を排出いたしません。逆に成長中に吸収しています。

他の屋根材、鉄、瓦は製造段階で熱を必要とし、石油燃料を燃やし、CO2を排出しています。

輸送の際も海外から輸入されるものも多く、CO2を排出しています。



そして、「茅葺きの屋根を葺く」ことは、すなわち「吸収したCO2を固定化」していると言えます。

廃材となっても、全く無害で、土にかえります。燃やしてもCO2の排出量はゼロです。



茅葺屋根をこの時代に見ることができて感動的です。


古き良きものはいつもまでも残るのだなと感じました。







pt.jpg

続きを読む

2013.09.18 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

白いカレーうどん



みなさん こんばんは。
株式会社 NENGO 耐火・断熱事業部の牧野です。

台風一過、だいぶ涼しくなってきましたので、
以前から気になっておりました、


「白いカレーうどん」


食べてみました。


実物は、こんな感じ。

9.17.JPG











確かに、白い。

面白い。


味は?と申しますと、

舌が慣れていないので、
おいしいのか、どうか判断保留。

もう一度、体調が良い時に食べてみようかと思っております。


野菜の冷製スープが好きな方は、良いかもしれません。

カレーうどんをガッツり食べたい人には、物足りないかも。

我こそはという方、是非お試しください。

それでは、また。








続きを読む

2013.09.17 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

駄菓子屋








みなさま
こんばんは。

耐火・断熱事業部の沼尻隼人です。


多摩堤通りのとある場所に駄菓子屋さんがありました。


田園調布の高級住宅街を抜けたところに街並みには似合わない駄菓子屋です。


小学生のときには、よく駄菓子屋に行っていました。

100円玉があれば、たくさんのお菓子が買えました。

100円で10円ガムを10個買い、くじが入っていて「100円分」と書かれていたら10個のガムが無料でもらえました。
その10個のガムの中にまた100円分のくじがあり、、、、とエンドレスだった記憶があります。


500円くらいあれば1日楽しめる時代です。


鬼ごっこしたり、サッカーしたり、木に登ったり、森に入ったりと様々な楽しみがありました。


常に自然と遊んでいた気がします。



そんな過去の記憶を呼び起こさせる駄菓子屋に出会いました。





photo (16).jpg












続きを読む

2013.09.13 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

耳に痛い意見にヒントがある




皆様こんばんは
耐火・断熱事業部 服部です。
「耳に痛い意見にヒントがある」
皆さんがご存知のスターバックス。
始めはコーヒー豆の小売店だったそうです。


そんな皆さんに好まれているスターバックスをカフェ事業に転換して
成功させたのがハワード・シュルツ氏です。


ハワード・シュルツ氏のコーヒーに対するこだわりは徹底していたみたいで
当初、スタッフからのミルクを入れて冷たい飲み物を作るという
案に否定的だったそうです。


しかし、共同経営のハワード・ビーハー氏からの
「顧客の望むことならなんでもやるべき」との声を受け入れ
出来たのが皆さんもよく飲む「フラペチーノ」の誕生!


誕生したその年だけで5200万ドルを売り上げたそうです。
「耳に痛い意見にヒントがある」  

             
ハワード・シュルツ氏の言葉です。
耳に痛い意見にほど、その裏には何かしら隠れている。


その意見を取り入れ行動することが大事で、
それが仮に失敗したとしても、失敗の中に学べることがある。


人が一番成長する瞬間は2つあるそうです。
一つ目に「失敗したとき」

二つ目は「他人に教えるとき」

ハワード・シュルツ氏にも、スタッフの意見を受け入れてから
「フラペチーノ」完成まで問題や失敗があったと思います。


その中から多くのことを学び、そしてそれをスタッフに教えたのではないでしょうか。
成功する人たちとしない人との違いは、努力はもちろんですが
経験の中で得る多くの失敗なのかと。。。


失敗を恐れていても何かを得ることは出来ません。
耳に痛い意見でも聞き流さずに、耳を傾ける。

そういった積み重ねの中に、成長はあるのかもしれないですね。
私自身、周りからの意見を無駄にすることのないように
心掛けていきたいものです。

imgres.jpg










続きを読む

2013.09.12 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

リサイクル






みなさん
こんばんは。
耐火・断熱事業部の沼尻隼人です。

溝の口駅へ向かう途中、面白いバスを見かけました。

「使用済天ぷら油で走っています!」
というステッカーを貼ったバスです。


どうやら、
1 家庭から出る「使用済」「期限切れ」の腐食油の市民団体と市役所の「協働」による回収
2 精製会社へ回収した廃食油の引渡し
3 集めた廃食油からバイオディーゼル燃料 オディーゼル燃料(BDF)を精製
4 コミュニティバスの代 コミュニティバスの代替燃料として、経由の代わりにBDFを使用
以上の流れで燃料が開発されています。

通常の燃料(軽油)に代えてBDFを使うと、
1 化石燃料(軽油)を本来捨てるべき廃食油で賄う
⇒ 限りある資源の使用量削減
2 BDFは「バイオマス燃料」と呼ばれ、
「カーボンニュートラル(再生可能な生物由来の資源は燃やしてもCO2の増加を見込まない)」の
考えのもと使用しても二酸化炭素を排出しない 
⇒ 地球温暖化対策

地球環境についてみなさまも考えてみて下さい。


photo (15).JPG











続きを読む

2013.09.11 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

嫁とフライパンと私




みなさんこんばんは。

株式会社NENGO 耐火・断熱事業部の牧野です。


 突然ですが、最近調理器具に凝っています。

といいますのも、私の家内がパン教室の先生を

している関係で、いろいろな器具を使い、新たなパンの可能性

を追及できないかと、日々思考錯誤しているからなのですが、


 そんなある日、横浜そごうをぷらぷらしていた所、

素敵なデザインのフライパンを発見。

かねてよりヨメさんから、

「自宅のフライパン、フッ素化工が最近怪しいのよね・・・」

なんて聞いていたものですから、つい買ってしまいましたよ。

値段も見ずに。


ちなみに実物はこちら

9.10.JPG












 そう、ホーローの鍋で有名な●クルーゼ社の物です。

レジで支払いの瞬間、軽く青ざめましたが、

これで、毎日おいしいパンが食べられると思えば・・・

安い!! ハズ・・・。





いま、我が家のキッチンのポールポジションに

鎮座しているのでありました。


 
 ところで、なぜパンづくりにフライパンが必要なの?とお思いの方、

実はベーグルというパン、

あれは焼く前に「煮る」工程があるのです。ご存知でしたか?

 
 その際に鍋より、実は深めのフライパンが都合

良かったりする時もあるのです。


ベーグルトリビアでした。


それでは今日はこの辺で。



P.S パンの方に興味のある方は







続きを読む

2013.09.10 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ