発泡ウレタン吹付けからロックウール吹付けまで、耐火断熱工事をトータルで行うNENGO

信頼の品質・安心の対応を心掛け、業界のリーディングカンパニーを目指すNENGO

2014年10月

ヒートショック対策




皆様

こんにちは

耐火・断熱事業部 服部です。

今日は、冬になれば増加する身体の現象であるヒートショック対策の紹介です。

ヒートショックとは、急激な温度変化による血圧上昇がもたらす現象です。

ヒートショックの死亡者は、(17000/年)人

これは、交通事故(4000/)人の約4.3倍にあたります。

ヒートショックは、低い室温や居室、浴室間の大きな温度差が
ヒートショックの主な原因と言われています。
 
対策としては、みなさまのお住まいを断熱することです。

室内の温熱環境の改善による快適性の向上だけでなく、急激な温度変化で
生じるヒートショックを断熱・気密性能の向上によって
自分自身の健康を守る事にもつながります。

暑さ寒さでお困りの時は、
NENGO 断熱までお気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

続きを読む

2014.10.30 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

ゴルフ

numajiri.jpg








みなさんこんばんは。

耐火・断熱事業部の沼尻です。



昨日、社長と同期2人と中途社員の合計5人で、

久地にあるいきつけの打ちっぱなし練習場へいきました。



社長がよく言う言葉は「結果には必ず原因がある」ということです。

なぜ、ボールがまっすぐ飛ばないのか
なぜ、きちんと芯に当たらないのか


結果には原因が必ずあり、その原因を潰したときに、
初めてボールが真っ直ぐ飛びます。


姿勢、腰の落とし方、ひざの曲げ方、腕の構え方、振り方など
さまざまな要因があります。


逆にうまく飛んでいるときは、
このすべてがうまくできていることが多いです。(ラッキーパンチもありますが、、、)


まずはゴルフ経験の浅い人は、数をこなすことが大事なのかなと思います。


ひたすた打つことが大事です。

もちろんうまくいくように工夫しながらですが。
ただ打ちまくっていても無駄な時間を過ごしていることが多いです。


僕自身、工夫し、考えながら打ちまくっています。


それでもうまくいかないときは、人の意見をもらうことです。

社長からのアドバイスを受け、言われた通りにスイングするとうまくいきます。



基本的に自分より年齢が上の方の意見は素直に聞くことが大事だと思います。

自分より長く人生経験をしている人に経験値で勝てるはずがありません。



僕は言われたことを取りあえずやってみます。

ただ言われたことに対し考えてできていない部分が多々あります。

つまり仕事に置き換えると、言われたことしか出来ないやつ、ってことになります。

ゴルフをして、仕事面で見つめなおす点があり、色んな意味で面白いです。



若手営業に関して大事だと思うことは、

・目標を立てて量をこなすこと

・結果を見直し、結果に対する原因を探すこと

・目標と結果の差を知り、その差を埋める新たな目標を立てること

ざっくりですが、このようなことを考えました。


何が「無駄」なのかは量をこなしてみなければ
見えてこない部分もあると思います。


偉そうなことを言ってしまいましたが、
僕自身、できていないことだらけです。


営業ができるようになるためにも
ゴルフができるようにならないといけないですね。


また、近いうち社長に打ちっぱなしに連れて行ってもらおうと思います。

よろしくおねがいします!


続きを読む

2014.10.29 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

素材を知るということ




みなさん、こんばんは。
NENGO断熱の牧野です。

今週は、かなりテンション高めにスタートしています。

と言いますのも、久々にビジネススーツをオーダーメードで

仕立てしまったから。

思い出してはニヤけています。



このような心情は女性の皆様のほうが共感いただけますでしょうか?



それはさておき、

以前は素材にはあまり重点を置かず

生地の風合いや柄、色味を重視して決めていましたが、

近年ウール素材の特性を勉強して以来、できる限り

ウール100%の生地から選ぶようにしています。


ちなみに、このウール素材は断熱材としても使われていることを

意外にご存知ない方も多いのではないでしょうか?


私どもNENGO断熱も「サーモウール」という天然の羊毛を使った断熱材を

取り扱いしていますが、その特性は


■保温性・吸湿性に優れる。

■汗やタバコ臭などの嫌なにおいが染付かない

■復元性が高い(しわになりにくい)


などがあります。

これらの特徴は、スーツの素材としても非常に優れた特性であると言えます。


唯一の悩みはお値段がかさんでしまうこと・・・。


しかしながら、手入れをしながら大切に使うと化学繊維の混ざった生地よりも

格段に気持ちよく、そして長持ちするのも事実。


気持ちを新たに、より一層、仕事にまい進したい所存です。


それではまた。


1028.JPG












PS 採寸の様子。あちこち細かく寸法を採ってくださるので、

   健康診断の一面もアリ。今回気になるウエストも全く

   問題なし! ありがとうございます。合気道!そして星師範。


   今回は初の3ピースに挑戦。完成が楽しみです。

   













2014.10.28 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

リノベーション断熱





みなさまこんにちは。

耐火断熱事業部の沼尻です。


発泡ウレタンの吹付け範囲についてです。


基本的には「外部に接する壁・天井・床」への吹付けです。


天井の吹付けに関してですが、
居室の天井の外部部分に設備基礎がある場合、
その基礎の天井面に対し吹付けを行う場合もあります。



tennjuoui.jpg











この画像からわかるように、梁型の吹付けをしていません。

梁型を吹付ける場合もありますし、
天井収まりの都合上吹付けを行わない場合もあります。


マンションリノベーションの引き合いが多くなってきましたが、
セットバックしている場合特に天井の吹付けに対して
梁型を吹くべきか、吹かないべきか考えていただきたいです。

リノベーション工事において、
フルスケルトン工事であれば断熱を行うチャンスです。


お気軽にご相談下さい。






続きを読む

2014.10.22 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:健康

スタッフブログ

テニス始めました。



みなさん、こんにちは。
NENGO断熱牧野です。

今日は、久々プライベートネタのブログです。


最近、NENGOでテニス部が出来たという噂を聞き、

仲間に入れてもらいました。先週の日曜日のことです。



なんと、18年ぶりのテニスラケットを握り締め、

世田谷の某テニスコートに参戦してまいりました。


結果は、と申しますと。

全身ヒドイ筋肉痛と、右手握力の喪失・・・。


自分のダメさ加減が良〜く解りました。



これからも、なるべく皆様の足を引っ張らないように、

参加させていただこうと思います。


皆様は気持ちの良いスポーツの秋

何をなさいますか?

それでは、今日はこの辺で。


10599461_707968702614970_2849863552854503666_n.jpg












追伸 衣装はNENGO断熱イエロー (次世代フロン)
   を意識してみました。プレースタイルもかなりイエローです。
   一生懸命笑顔を作っていますが、目が死んでいます。










続きを読む

2014.10.21 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

ウレタンの使い方

numajiri.jpg








みなさんこんにちは

耐火断熱事業部の沼尻です。


以前柱へ設置するパネルへのウレタン吹付けの紹介をさせていただきましたが、
今回はこちらです。






image (4).jpg



















給水ポッドにウレタンを吹付け、断熱性能を高めたものです。



現場乗り込みへ行った際に施工スタッフが持参してきたものです。


もちろん、施工スタッフの知恵であり、
お客様にこのポッドを商品として提供しているわけではありませんが、、、



施工スタッフ曰く、真夏でも軽く1日は氷が解けず飲みのを冷たい状態で保てるそうです。


ウレタンの施工を行う上で、ウレタンの性能を知らなければいけません。


手ごろにウレタンの効果を感じることができました。










続きを読む

2014.10.15 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

耐火塗料もやっています。



みなさん、こんにちは。

NENGO耐火被覆牧野です。


台風一過、晴れ渡る秋空になりました。

今回の台風で自宅の庭木の何本かが風で

折れてしまいました。 


丹精込めて育てていた分、ショックが大きいです。

自然の力の前に、人間というのは本当に無力だと思います。



さて、今週は耐火被覆工事、

耐火塗料の見積のお手伝いからスタートです。


NENGOで塗料というと、

「ポーターズペイント」

を思い浮かべていただく方は多いと

思うのですが、私たち、NENGO耐火被覆でも扱うものは

全く別物で、耐火被覆材としての塗料の扱いとなります。


私たちが良くお手伝いする、耐火被覆材のロックウール吹付との

大きな違いは、塗膜を薄くできることから、

意匠性の高い案件に相性がよい所です。

施工後の様子はこんな状態です。

201410141.jpg

















部分詳細になってしまいますが、ざらざらした

ゆず肌状の仕上りになります。

これが火事などの非常時にはあわ立つようにふくらみ

火災の熱から鉄骨を守る仕掛けです。

ちょっと不思議ですよね。


こちらは1時間耐火の梁で1.00ミリ〜2.50ミリの

塗膜となります。鉄骨のサイズにより厚みが異なります。



もし、お手持ちの図面にスペックありましたら、

お気軽に一声おかけください。


それでは、今日はこの辺で。

























続きを読む

2014.10.14 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

花粉と風土



皆様

こんにちは

耐火・断熱事業部 服部です。

最近、すっかり夜は涼しくなりましたね。
夏から秋への移り変わりを感じます。

秋になると、気温は過ごしやすくなりますが・・・

花粉症の私としてはつらい時期の到来です・・・

9月以降は、アレルギー性の花粉の種類が多く、
一番花粉症の症状を感じる方が多いのではないでしょうか。

その中でも、特に「ブタクサ」は「スギ」「ヒノキ」に
次いでアレルギーを持っている人が多く、
日本のどこにでも生えているので、
ブタクサに悩まされている人は多いかと思います。

ただ、ブタクサはスギやヒノキと違って、木ではなく草なので、
背丈が低い分、花粉が飛散する範囲は狭いとの事。

ブタクサが生えている近くに行かなければ、
影響はあまりない様です。
とはいえ、ブタクサが無い所に行こうとしても、
いろいろな所で生えているので難しいと思います。

身体を気遣って出来た興味が積み重なって
その土地ごとの風土に興味を持つ事が
出来るようになったのかもしれません。

NENGOでは、その土地の風土・歴史・文化を読み込み
100年後の街つくりに向けたライフスタイルを提供いたします。

ご興味があれば是非お問い合わせ下さい。


続きを読む

2014.10.09 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

ウレタン施工管理

numajiri.jpg







みなさん
こんにちは。

耐火・断熱事業部の沼尻です。


私の管理下にあるウレタン現場をご紹介いたします。


以下概要です。


施工主:N建設

現場住所:埼玉県

用途:分譲マンション

仕様:A種1(ノンフロン) t=25



image.jpg










image[2].jpg










image[3].jpg











image[4].jpg










・「火気厳禁」の表示

・適正な厚み確認ピンの設置

・コマ周りの厚み確保

・スリーブの抜き取り


高品質な仕上がりです。



NENGOの施工スタッフの施工スキルは非常に高いです。


ウレタン施工のご相談お待ちしております。









続きを読む

2014.10.08 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

グラスウール貼工事完了しました。



みなさん、こんにちは。
NENGO断熱牧野です。


さて、先週に引き続き、今週はグラスウール貼りの断熱工事
の施工に入っており、その完了確認に行ってきました。

グラスウールというと、
「壁の中の柱と柱の間に入れるチクチクするアレ」

を想像する方も未だに多いかもしれませんが、
今回施工したのはちょっと違うこちらです。

10072.JPG













RCの梁面下部に貼ってある黒っぽいマット状のものを
施工しています。
厚みは25ミリ グレー色の不織布を巻いているものです。


今回はガレージの既存断熱改修ということで、
床から逃げる熱の流出を防ぎたいとの事で、
天井面内側(写真で白く見えているところ)の隠れた部分は
発泡ウレタンの吹付断熱。天井面の外側に出てくる
梁の底部分にはグラスウールを使った収まりです。


本当は梁全体をすっぽり覆ってしまうのが理想なのですが、
今回梁は天井内に隠したくない申し出があったことと、
玄関ドアやガレージシャッターの開閉、設備等の都合、
そして見映えと予算のバランスを考慮した上で、
このような形にさせていただきました。


私たちNENGO断熱はお客様のニーズをお伺いした上で
その場に応じた最善の方法を提案させていだいております。


暑さ、寒さでお困りの方、最初は疑問・質問山ほどあると思います。
お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

それでは、また。










続きを読む

2014.10.07 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ