発泡ウレタン吹付けからロックウール吹付けまで、耐火断熱工事をトータルで行うNENGO

信頼の品質・安心の対応を心掛け、業界のリーディングカンパニーを目指すNENGO

2015年2月

色の変化




みなさん、こんばんは。
NENGO断熱牧野です。

春らしくなり、道行く女性のファッションも
鮮やかな色合いが増えた気がします。

そんな中、自分にも春の新色が届きました。

aiki.JPG


















始めてから4年目を迎える合気道

ついに、白帯を卒業させて頂きました。


画像では判断しにくいですが、

今回は「茶色」に昇格です。


次の、「黒」 目指して頑張っております。

それでは、今日はこの辺で。












続きを読む

2015.02.24 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

結露

numajiri.jpg









みなさま
こんばんは。


耐火断熱事業部の沼尻です。


とあるリノベーション会社のお客様からお電話をいただきました。



とあるマンションの壁1面をウレタン吹付けして欲しいとのことでした。

結露がひどくビニールクロスがびちゃびちゃになるほどだそうです。



お施主様がリノベーション会社に相談し、

壁をはがしてみたところ無断熱だったそうです。


築10年ほどのマンションなので、無断熱であることはないのですが、

名の通ったマンションなだけに驚きです。


その部屋はセットバックしており、隣にも上にも部屋がありません。

無断熱の壁が10年間結露し続けていたと考えると恐ろしいですね。



今回、その壁1面のみウレタン吹付けを行います。


施工後お施主様は快適な生活をすることができると思うと

改めて断熱工事の重要さと必要性を感じさせられます。



世の中にはまだまだ無断熱マンションが存在しています。



弊社では結露・断熱に対するノウハウを持っています。

お住まいの室内環境や結露でお悩みの方は

お気軽に耐火断熱事業部までご相談下さい。



続きを読む

2015.02.19 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

NENGOのルール



皆様

こんにちは

耐火・断熱事業部 服部です。

NENGOにはいってちょうど2年がたちました。
2年前入社しその日の朝礼での社長の発言にびっくりしました。

それは社内ルールについてです。

私自身、社内ルールは会社組織で決まった規定なので
必ず守らなければいけないものだと思っていました。

それがないと、規律もなくなり、
多くの迷惑がかかるものだと思い込んでいたのです。

それを浸透させるにはという方向性でばかり物事を考えていました。
その社長は、絶対的のルールはない。

ルールとは、社員を幸せにするためにあるものだと考えているからです。
もし会社のルールよりも幸せにする方法があれば提案し変えれるのです。

自分自身の考えにかけていた部分だったと、衝撃的でした。
なんか【はっ!!】とした瞬間でした。
なんて視野がせまかったんだと反省です。

入社し2年経ちましたがまだまだ他の人を幸せに出来ていないので
幸せに出来るように頑張っていきます。

気持ちがいい空間で生活したい方は、
NENGO断熱がお手伝いさせて頂きます。

続きを読む

2015.02.18 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

牧野の読書日記



みなさん、こんばんは。
NENGO断熱牧野です。

気づいたら「不惑」の40を迎えておりました。

最近ますます惑うことが増えたような気さえします。


そんな中、自分の中に足りないものは?

と考えていた中、すごい本を発見。

2.17.JPG








これで、人間の器も大きくなり、
その上余裕もできたら安いものです。 
1200円 (税別)

もし、今後の私に変化が見られたら、
この本のおかげです。多分・・・

それでは、今日はこの辺で。










続きを読む

2015.02.17 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

春爛漫



おはようございます。

NENGO断熱牧野です。

先日、花屋を通りかかると綺麗なピンク色が

目にとまったので、購入して生けてみました。

IMG_1466.JPG

















桃の花なのですが、開花準備中です。


そして、昨日帰宅すると、なにやらいつもと

違う視線を感じます。

一年ぶりに再開するお客様がおりました。


IMG_1465.JPG










家内が、忙しい中用意してくれました。

娘がいつになくご機嫌うるわしく、いいものですね。


そして、それを見た息子の一言。

「つぎは かむと だね」

はて? かむと・かむと・・



おお! 兜か!!

確かに。次は端午の節句です。

準備する親としては非常に手間がかかる作業なのですが、

自分も子どもの頃、出してもらうと確かにうきうきしていたなぁ。と

思い出しました。

そして、少し両親に感謝。


すばらしい日本の文化を堪能しております。


それでは、今日はこの辺で。















続きを読む

2015.02.13 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

興味を惹くのが上手い人



皆様

こんにちは

耐火・断熱事業部 服部です。

ここだけの話ですが
というフレーズで話をされると、つい興味を持って聞いてしまうミーハーな私です。

さて2015年も2月に入りましたが、皆さんは今年の目標は順調に叶っていますか?

私の目標は、相手にもっと興味を持つ事と、
興味を持って貰う話が出来るようになる事です。

先日、母校の大学の教授の話の巧さに魅せられてしまいました。

どうしても長い時間の授業だと、後半はどんどん飽きが来て

つまらなく感じてしまいますが、

今回はずっと立ったまま見ていても、飽きる事無く、
楽しむ事が出来ました。

興味を惹くのが上手い人は純粋にあこがれてしまいます。
今年は、色々な事に興味を持って、
もっともっと自分磨きをして行こうと思います。

続きを読む

2015.02.12 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

耐火被覆吹付による吸音工事




みなさん、こんばんは。

NENGO耐火被覆 牧野です。

最近、音にまつわる工事のお声かけが多いです。


今回は地下にピアノバーをつくるという事で、

吸音のためになるべく廉価に効果が出る方法はないかと相談を受け

お手伝いをさせていただきました。


ちなみにピアノの調律の世界では、鍵盤の49番目の 「ラ」

の音の周波数を基準に調律をしているそうです。


その際のヘルツ(Hz)数は国際基準で、440Hzと定められているのですが。

この基準に従うと、この調律で奏でる最高音は 鍵盤88番目の

 「ド」 4186.01 Hzになるそうです。

この440Hz〜4186Hzで吸音性能が高い廉価な材料を探したところ

現場状況に最も適した素材が吹付ロックウールであるとの結論に至り、

施工してまいりました。


その様子はこちら。


IMG_1445.JPG












壁の胴縁の間にも隙間無く吹き込むことが出来ました。

さらに天井面も吹付けしております。


IMG_1446.JPG













天井のコンクリート面に対して躯体のコンクリートが見えないように

隙間を作ることなく吹き付けることが出来ました。


同じロックウールの素材でもロックウールマットでは

ここまでコンクリートに対して密着できないので、

工事としては手軽に施工できますが、吹付け施工ほど

吸音効果は出しにくいように思われます。


同時に、もともと耐火被覆材として施工するときは

天井面に対して結露防止の効果を見込み吹くことも多いので、

断熱性能も副産物的に享受できるという、コスパと実用を

最大限生かした提案となっています。



後は、実際の完成後効果のほどを体験してレポートできればと思っています。


それでは今日はこの辺で。















続きを読む

2015.02.06 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ

読書

numajiri.jpg








みなさんこんばんは。


耐火断熱事業部の沼尻です。



最近読書を始めました。


恥ずかしながら、本を読むことが苦手で、

漫画本しか読まず大人になってしまいました。



読解力・集中力は読書から得れると思い、

なんとなく始めました。


というか、そろそろ読めないと本格的に恥ずかしいなと気づきました。



まずは自分が興味がある内容の本を読み進め、

読書が習慣になるようにがんばります。



ちなみに今読んでいる本は「ゲバラ 世界を語る」です。

お勧めの本があったらご紹介下さい。


続きを読む

2015.02.04 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

スタッフブログ