信頼の品質・安心の対応を心掛け、業界のリーディングカンパニーを目指す株式会社NENGO

また会う日まで

どうも、断熱チャンなのダン!

断熱チャンの活躍をお楽しみいただいている皆さまにとっては
大変残念なお知らせとなってしまうのダンが、

こちらのブログを
しばしお休みさせていただくこととなりましたのダン。

今日の断熱チャンがあるのも、
思えば、幼少期より(今も幼少期?)断熱チャンを可愛がって下さった
皆々様のお陰なのダン。
改めて、いつもお読みいただきありがとうございます。なのダン。

お休み中は、耐火被覆・断熱知識を更に蓄え、
パワーアップして来るのダン!

大きくなった断熱チャンを
楽しみにお待ちいただけるととっても嬉しいのダン。

それでは、また会う日まで。
ダンダン!

断熱チャンブログ

断熱チャンブログ

醤油

ダンダン!
断熱ちゃんなのダン。

IMG_2142.JPGのサムネール画像

















突然ですが、クイズなのダン!
この穴の中に入ってるものは
何でしょう~??

kura02-300.jpgのサムネール画像















ヒント1:どの家庭の食卓にもある茶色の液体
ヒント2:生のお魚に付けて食べることが多い
ヒント3:付けすぎると塩分の取りすぎ!って母上に怒られるのダン

そう、実はこれお醤油なのダン!
写真のお醤油はまだ大豆の形をとどめている状態なのダンが、
これから時間をかけて発酵させ、
その後、圧搾、火入れ等の工程を経て
お馴染みの醤油の姿になっていくのダン。

発酵を行うこの蔵は築100年以上だそうで、
近くで見てみると 土壁なんかにも菌が移っているのが分かる。

tuchikabe-300.jpgのサムネール画像

taru-detail-300.jpgのサムネール画像



























今回お邪魔したヤマロク醤油さんのスタッフの方によると、
大豆を入れる木桶にも菌が移っていて、
大豆や麹菌などの素材だけでなく
長年使ってきたこの桶と建物すべてが揃って
初めて出来るんです、とのこと。

木桶、天然の麹菌を使って生産する会社が
指折り数えるほどになった事態を受け、
自らが桶の製造方法を学び、次世代へ受け継ごうとする動きなど、
本物の味を残したいという想いを強く感じるのダン。

くから伝わるものにはその理由があり、
便利なものに取って換わったときに
何を得られるのか、何を代償として失うのか
しっかり理解した上で多くの人のためになる選択をしていかねばならぬ!と
偉そうに考える断熱チャンなのでした。

ダンダン!



2015.03.16 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ

森の図書室

ダンダン!
断熱ちゃんなのダン。
ちょっぴり暖かくなってきて
アイスが恋しい季節になってきたダンね~
(え?まだ早い?)

IMG_2146.JPGのサムネール画像


















渋谷に森の図書室という場所があるのを
ご存知ダン?

渋谷駅から徒歩5分ほどの場所にある、
どこにでもありそうなごく普通のビル

階段で3Fまで上がった先に
その空間はあるのダン。



扉を開けると、
目の前に本棚が!
あれ?入る場所間違えたかな?と
一瞬戸惑ったのダンが、
すぐに本棚がスライドし
奥から店員さんが出てきた。

「ようこそ。森の図書室へ。
 ごゆっくり本をお楽しみ下さい。」


1-1-2.jpgのサムネール画像















文字を読むのに最低限必要な光量にまで落とされた
ライトの下でゆっくりと本を読む。

とっても落ち着く空間に断熱チャンもご満悦だったのダン。

こちらのコンセプトは、

『本が好きな人、これから本を読んでみようかなと思っている人、
みんなに好きになってもらえる場所になれるよう、精一杯頑張ります。

読書を押しつけるのではなく、なんとなく本を手に取ってみたくなるような、 
友達の家のように気軽な空間を目指しています。』

とのこと。(「森の図書室」HPより)

1-1-1.jpgのサムネール画像

















本を読みに来るお客さんたちが持ち寄った出来た
おすすめ本コーナーには、
持ち寄った人たちの一言コメントも書いてあったりして
とっても面白いのダン。

一人で楽しむ読書とはまた違い、
森の図書室での読書は、
その場に来る人たちを身近に感じながら本を楽しむことができる。
この場に関わる人たちと ゆるく繋がりを感じられるのも魅力の一つだなと
断熱チャンは感じたのダン。

ちなみに、なかなかの築古のビルだったので
窓際から入る冷気がちょっと気になった断熱チャン。
もっともっと快適に本を楽しめるよう
性能の良いサッシなんかを今度提案してみようかな?

以上、断熱チャンでした。
ダンダン!

2015.03.10 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ

フィン・ユール邸


ダンダン、断熱チャンなのダン!

11-6.JPGのサムネール画像

















大好きなムーミンにご満悦な断熱チャンが
本日話題にしたいのは、
岐阜は高山にある『フィン・ユール邸』。

こちらの建物は、デンマークの建築家、家具デザイナー
「フィン・ユール」の自邸を再現して建てられたもの。

11-4.jpgのサムネール画像 11-5.jpgのサムネール画像








北欧家具の研究を通して、
高品質な家具づくりを目指す株式会社キタニさんが、
家具だけでなく北欧の生活様式や文化も学べる場所を提供したい
という想いからつくられたそうなのダン。

フィン・ユール邸で面白いのは、
テラスに青や黄色の色つきのシェードをかけ、
そこを通って色がついた光も、インテリアの一部として楽しんでいること。
例えば黄色のシェードであれば、
夏の強い日差しも白熱灯のような暖かな光になるのダン。

11-2.jpgのサムネール画像 11-1.jpgのサムネール画像








きっと訪れる時間帯、季節によって
入る光の色も変化してくるであろう空間を
断熱チャンもぜひ体感してみたいのダン。

日本の住宅でも、庇の裏側に色を付けてみると、
時間や季節の移り変わりをより感じやすくなるかも、
なんて妄想してみる断熱チャンなのであった。
ダンダン!

11-7.jpgのサムネール画像



2015.02.09 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ

障子と結露

ダンダン!
断熱チャンなのダン。

14.JPG













寒さ厳しいここ数日、
温かいお部屋でぬくぬくあったまりながら、
鍋を食べることが多くなった、
なんて人も多いはず。

楽しく食事していると、
いつの間にか窓に水滴が出てきて...
「け、結露しているのダン!」
なんて経験 皆さんあると思うのダン。


13.jpg

















先日、障子のある和室で似た経験をしたのダンが、
窓ではなく障子が結露していたのを疑問に思い、
近づいて見てみると 素材がプラスチックだったのダン。

同じ部屋で紙の障子が貼ってあった頃を思い出してみると、
窓の近くと室内の温度差によって結露しそうなところを、
障子が湿気を吸って(多少ふにゃっと元気のない様子になりつつも)
結露を抑えてくれていた覚えがあるのダン。

その家が建つ環境にも もちろんよるのダンが、
この部屋には、前の紙障子の方が合っているんじゃないダンかね~。

プラスチック障子が出来た背景には、
破れない、張替えしやすいなどの理由があるのだろうけど、
「扱いやすさ」に加え、
「室内にいて快適に過ごせるかどうか」も
重要視して選んでいきたいな~
と思う断熱チャンなのでした。

ダンダン!

2015.02.02 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ

草津温泉 もらい湯

うーん、気持ちいい!
どうも、断熱チャンなのダン。

2-1.jpeg

















やっぱり夏の海は最高なのダン!
(季節が合っていないですが、そこは大目に見てほしいのダン...)

たっくさん遊んだから、
ひとっ風呂浴びるのダン。

そうそう、お風呂と言えば、(無理やり...)
湯畑で有名な草津温泉には、
20ほどの無料共同浴場があるけれど、
もともと観光のためではなく、地域住民のためのものだって知ってたダンか?

2-2.jpg
























まだ武士がいたころの浴場と言えば、
大名さまは旅館などの建物内に設けられた「内湯」を
住民は今で言う街のお風呂屋さんのような「外湯」を
利用するよう分かれていたのダン。
時が経ち、住民も「内湯」を利用させてもらうようになり、
大名さまや旅人のための浴場に入れてもらうことから、これを「もらい湯」と呼んだ。

同様に現在では、
草津温泉内にある地域住民のための「共同浴場(外湯)」を
観光客が利用させてもらうことを「もらい湯」と呼んでいるのダン。

2-3.gif












ただ単に「無料で入浴できる!ラッキー!」ではなく、
「住民の方が守ってきたからこそ、この共同浴場を利用できている。
感謝して入ろう」という気持ちで湯に浸かってほしい、という想いが
この言葉には込められていて、
浴場内にもそこかしこに張り紙をして書かれているのダン。





断熱チャンも数個入らせてもらったのダンが、
何年もそこにあり続けるような浴場は
老朽化による傷みが見えない訳ではないけれど、
掃除が行き届いていたり、
住民が寄付してくれたバスマットや脱衣用カゴが置いてあったりと、
ここを大切にしようとする想いが感じられる空間だったのダン。

2-5.jpg


















そこで、断熱チャンは思ったのダン。
大切にされていることが目に見えて分かる街は、
よそから訪れる人たちを
「この街を大切にしよう」
「この街の良さを尊重しよう」
という気持ちに自然とさせるのダン。

街に愛着を持って住まうことが、
長く続く街つくりに繋がると考えるNENGOとしては、
住む人が街に愛着を持つことで
そこに訪れた人にも、想いが波及するものなのだと
実感したのでありましたのダン。

それでは今日はこの辺で。
ダンダン!

2014.12.22 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ

七十二候

ダンダン!
今日も絶好調 断熱チャンなのダン!


1-3.JPGのサムネール画像

















日本の四季の移ろいを感じながら暮らすことが、
日々の豊かさに繋がると感じる我々NENGOは、
旧暦の時代に使われた「七十二候」も
日々意識してみているのダン。

旧暦の時代に作られた暦なのダンが、
今見てもその季節の情景が浮かぶものが多く、
日常の感じ取り方がちょっとだけ深みを増すような感覚が得られるのダン。
(普通に生活しているだけではあまり実感できないものが
 増えているのも事実なのダンが。。。)
1-4.jpg





















もともと一年を七十二に分けて季節を表現するという手法は、
日本のものではなく、中国で考えられたもの。

それが日本に渡ってきて、渡った当初 西暦800年~1600年ごろまでは、
中国の七十二候をほぼそのまま使用していたそうなのダン。
その後、暦学者の一人が
中国と日本では経度の差により季節のズレがあることに気が付き、
日本の気候に合った内容に改良したのダン。

例えば七十二候に
「水沢腹堅(さわみず あつくかたし)」
という言い、
「寒さで沢の氷が厚く張り詰める」という意味の言葉があるのダンが、

日本(現代に広まっている七十二候)では1/25~1/29頃を指し、
中国では1/30~2/3頃を指す。
わずかな違いではあるが一時節ズレが生じているのが分かる。


1-1.jpgのサムネール画像














そもそも七十二候は、
日々のちょっとした変化を予測し、
農作業に活かすことにより、
農作物をダメにしてしまわないようにと作られたのダン。
だからこそ、これほど細かく時節を区切り、
よりその土地の季節に沿った表現にする必要があったのダン。
中国の暦をそのまま使うのではなく、
日本の季節に合ったものに次第に変化したというのも納得。

本当にその土地に密着した暦を
知恵を絞ってつくりあげたからこそ、
今でも使われる、むしろ今「日本らしい」と注目されるものになったのダンね~。

我々NENGOもそんな土地に沿っているからこそ
長~く親しまれ、かつどの時代にも共感してもらえるようなもの・ことを
提供していきたいと考えているのダン。

いつか日本という国単位ではなく、
似た気候の地域ごとに作られた 七十二候がNENGOから発表されるかも??
(断熱チャンの勝手な妄想。。。)

それでは今日はこの辺で。
ダンダン!

2014.12.15 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ

人狼ゲーム × コミュニケーション能力

小さい子どもに大人気の
あのお兄さん(パン?)に会ったのだけど、
テレビで見るよりおっきくて人見知りしてしまったのダン。

どうも!断熱チャンです。
1.JPG

















そんな断熱チャンにぴったりの
初対面の人とも すぐに打ち解けられるゲームを
今日はご紹介。

その名も『人狼ゲーム』
2.jpg











え?もう知ってるって?
そうなのダン!最近話題のゲームらしいのダンが、
簡単にルール説明をすると...

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

とある村に普通の村人と人狼が住んでいます。
村人は、中に紛れ込んだ人狼を会話の中から見つけ追放していきます。
人狼は、村人を装って人狼とバレないように会話を進めながら、
毎晩村人を一人ずつ食べていきます。

最終的に、多く残っている方が勝ちとなる、
村人vs人狼の生き残りをかけたゲーム。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

初めて会う人とこのゲームを2~3回するだけで、
不思議なことにとっても話やすくなるのダン。

断熱チャンが思うにそれは、
人狼を見つけようとするため、
もしくは
自分が村人だと主張し生き残ろうとするため、
必死で相手に「伝えよう」とするからじゃないのダンかね~

そうすると、普通に初対面で自己紹介しあうよりも、
その人の特徴が見えて、より近い存在に感じるのダン。

面白いことに、
あまり積極的に話さない人こそ疑われやすいので、
自己主張の強い人の一人舞台になるといったこともなく、
全員が話さざるをえない状況になる。
そして、自然と会話のキャッチボール(それも必死な感じの)が成立するのダン。

3.jpg






テレビ番組の企画にも採用されたのダン


ちょっと大げさかもしれないのダンが、
何かサービスを提供しようとするときも
生き残らなきゃ追放されちゃう!くらいの緊張感がある方が
相手によりぐっと近づけて、すぐに打ち解けやすくなるかも!

そのトレーニングとしての「人狼ゲーム」、
とってもおすすめなのダン~!

もう終了したイベントなのダンが、
なんて企画が出来るのも納得なのダン。



よーし!パンのお兄さんとも一緒にやるのダン!
表情が変わらないから手強そうだけど、、、
でも負けないのダン!

それじゃ行って来るのダーン!


2014.12.08 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ

披露山庭園住宅


みんな!私についてくるのダンよ!
あ、どうも、断熱チャンなのダン。

お家の中にもこんな広い原っぱがあったら、
毎日遊びたい放題ダンね~

IMG_2141.JPGのサムネール画像




















でもそんな広い敷地、この辺りにはなかなか無いのダン。
断熱チャンだってそのくらい分かるお年頃になったのダン。

と、思っていたら...
なんと、こんなゆったり広々とした街が神奈川・逗子にあったのダン!

sora.jpg

















こちらは近くの披露山公園から見下ろして撮った写真。
披露山公園住宅と呼ばれるこの街は、
ご覧のとおり、とってもお庭の広いお家ばかり。
全ての区画で建ぺい率が20~40%だというから驚きなのダン。

道路幅も広く、電線が地中に埋められているため、
歩いていても視界に入るのは、
美しく剪定された緑か、その影に見える豪邸のみ。


3-1.jpg











ひっそりと、ゆとりのある街並みを実現させているのは
ここの厳し~い建築協定。

建築協定の一部をご紹介すると...
・建ぺい率は、地区により10分の2または10分の4を超えてはいけない
・建築物の高さは8mを超えてはいけない
・境界の柵は風致を損なわないように生け垣にすることを原則とする
・土留めや擁壁を設置する場合は、高さ1m以内を原則とする。
などなど。

これだけ色々なルールを守れば、
どこか一つのお家が景観を壊してしまっている!なんてことも
起こらないのダン。

それに、披露山公園住宅は
住民自らが「こういう建築物はこの街に合うか?」を考え、
つくられている。
この街の一区画で新築・増築がある場合、
披露山公園住宅専属の環境コンサルタントなる方が図面を見て、
建築協定に沿っているか、この街の考えに沿っているか、をチェックし、
さらにその後、管理組合で協議される。
管理組合は100%住民で構成されているので、
つまりは、住民がこの街に新たな建築物を建てる際に、
この街に合っているかどうかを考えるプロセスがあるということなのダン。

正直なところ、和風の家があったかと思えば、
隣には近代美術館かのような湾曲した壁が見えたりと
統一感は今一つな感じがしたのダンが、
植栽の種類・大きさなどに配慮し、
道路に立ったときの大らかな雰囲気を保ちつつ、
敷地内に思い思いの建物をつくるのも
悪くはないのでは、とも思ったのダン。

3-2.jpg
















古民家の並ぶ街並みなんかは、
使われている建材や屋根の勾配に統一感があることが多く、
そこに美しさを感じたり、残していきたいと思うのだろうけど、
披露山庭園住宅のように住む人自らが新築・増築をする際に街に合うか検討し
つくっていくというのもこの地に対する愛着がうまれ、
残していきたいと思う場所になるのではないかと思うのダン。

色々と考えふけって書きすぎてしまったのダン。
では!今日はこの辺で失礼するのダン!

2014.12.01 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ

ドアを塗り替えるの巻

ダンダン!
あの大ヒット映画のDVDを手に入れてご満悦。
どうも、断熱チャンなのダン。

IMG_2148.JPGのサムネール画像

















本日は新しく塗り替えられた
NENGOのエントランスドアのご紹介なのダン。

四季の変化に富む日本の気候を
「良さ」として享受できる暮らしを提案していきたい
と考えるわれわれNENGOでは、
本社のエントランスドアを季節ごとに
その時期をイメージさせる色に塗り替えているのダン。

寒さで手をこすることも増え、冬もいよいよ本格的に始まりそうということで、
スタッフ数名で「冬」の色へリニューアル!

IMG_2202.JPGのサムネール画像


















今回は「LICHEN」という黄みがかったグリーンを選択。
本来は"岩や木につく苔"という意味らしいのダンが、
「晩秋から初冬にかけて日本にやってくる冬鳥の鶸(ひわ)」や
「雪の下に埋まっているフキノトウ」
をイメージして、こちらにしてみたのダン。

 hiwa.jpgのサムネール画像 img_fuki.jpgのサムネール画像










グレイがかった寂しげな冬の空を見つつNENGOに訪れるお客様が、
このドアのグリーンを見て、
冬は「次に来る春を待つ楽しみ」もある季節なんだと感じてもらえると
とっても嬉しいのダン!

ポーターズペイントは、内装にはもちろん、外壁にも使える塗料も揃っているのダン。
ご自身のお宅も季節ごとに塗り替えて楽しみたい、なんて要望があれば
ぜひお問い合わせください!なのダン!


2014.11.10 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ

ポーターズペイント 代理店サミット開催!


ダンダン!断熱チャンなのダン!
母上のおにぎりはほんっとうに美味しいのダン~
あ、そうそうおにぎりで思い出したお話しを今日は
ちょこっとさせてほしいのダン。

IMG_2145.JPG



















先週金曜日、ポーターズペイントを扱う代理店の皆さんが
全国各地からNENGO本社に一堂に会し、
「代理店サミット」なるものを開催したのダン。

IMG_5060.JPG















当日は釜浅商店さんの釜で
隅田屋米さんのお米を炊いて、
炊き上がったお米でスタッフがおにぎりを握り、
そのおにぎりの周りに
各代理店さんの出身地で有名な、ご飯のお供を添えて
召し上がっていただいたのダン。

gohan.jpgのサムネール画像

















代理店さん同士のコミュニケーションをもっと強化していかなくては、
という課題も見えた今回のイベント。
まさに『同じ釜の飯を食う』という経験が、
代理店さん同士の新たな共通点として記憶に残り、
今後のコミュニケーションをとる小さな手助けになると嬉しいなと
ささやかに思う断熱チャン。

全国各地の同じ想いを持った代理店さんと一緒になって、
さらにパワーアップしていくこれからのNENGOに乞うご期待下さい!なのダン!


2014.10.27 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ