信頼の品質・安心の対応を心掛け、業界のリーディングカンパニーを目指す株式会社NENGO

2014年3月

石垣いちご

いよいよ桜の開花が発表されたダンね。
今回は桜のお話...と思わせておいて、
旬のいちごのお話ダン!
(断熱チャンは花より団子派なのダン)

IMG_1069.jpg

























いちごと言えば、
土から生える姿を
思い浮かべると思うのダンが、
なんとこんなイチゴもあるのダン!

ichigo ishigaki.JPG




















その名も「石垣いちご」。
コンクリート板を傾斜がつくように積み上げ、
一枚一枚に入れた切り込み部分にイチゴの苗を植える
という栽培方法。


ishigaki su.JPGのサムネール画像のサムネール画像

























お日さまに暖められたコンクリート板の輻射熱が
いちごの発育を促し、
他の栽培方法に比べて早い時期に収穫できるのダン。

この栽培方法は、日照時間が長い駿河湾に面した
久能山で発展したもの。
今からおよそ100年前に、
偶然 玉石の隙間から成長するいちごを発見し、
以来この地に適した方法として今日まで続いてきたのダン。

雨が降っても崩れないように積む方法や
お日様の光がうまく当たる傾斜角度を
試行錯誤してきた努力の甲斐あって、
もともとあまりお米をつくっていなかった
この地の名産品となったそう。

この地の気候に適していること
トライ&エラーを続けること

長く続くものには、
やはり理由があるのダン。
石垣いちごから街づくりのヒントを学んだ断熱チャンなのダン~

2014.03.31 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ

梅 ときどき 住宅


ここ最近、あったかい日が続いて
と~ってもるんるん♪
どうも、断熱チャンなのダン。


IMG_1072.JPG




















春を感じる今日この頃
断熱チャンは梅を見てきたのダン。

IMG_1012.JPG















赤、ピンク、白、中には黄色の
かわいらしい梅の花の中に、
突如ばつっと切られた枝を発見!
しかも一本だけじゃなく、そこかしこに
あるのダン!なにごとダン!

この緊急事態に、
断熱チャンはすかさず
何でも答えてくれるあの人(大人はスマートフォンと読んでいる)に
聞いてみた。


IMG_1016.JPG
















ふむふむ。
あの人によると、これはいたずらして切られたんじゃなく、
来年もまたたくさんの花や実がなるよう「剪定」をしているのダンね。

梅は、開花する前、花が散った後、実を収穫したあとの
年3回剪定をするんだって。

この芽にもっと日光が当たるようにしてあげたいな~
そんなことを考えながら手を加えていくと、
自分の子のようにきっと可愛く思えてくるのダン!
(断熱チャン自身がまだ子どもであることはさておき。。。)

住宅だってきっとそう。
NENGOでは、
自分で住まいに手を加えていくことで家に愛着を持ってもらおう。
と考えているのダン。

愛着をもって住んでいる人たちは、きっと街にも愛着を持ってくれる。
そうすれば、長く続く街が自然とつくられていく。

そんな考えを持っているのだから、
社員に庭師さんがいたって面白いのかもしれないダン。


小ぶりで控え目で、
謙虚に咲く梅の花は、
日本人とも似ていてさらに愛着がわくのダン!

と思う断熱チャンなのでした。ダン。


2014.03.15 by taika

トラックバック(0)

カテゴリー:

断熱チャンブログ